義史のB型ワールド

2008年4月24日

びっくりラーメンが麺屋五条弁慶に!お値段も390円に!

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 11:17 午後
 
代理人記録
 
180円ラーメンで有名だった「びっくりラーメン加古川駅前店が「中華そば一番」に変わった事は先にお伝えしたばかり。では加古川尾上店はどうなったかと言うとこちらも新たなラーメン屋に衣替え、その名も「麺屋五条弁慶」って事で、早々、チェックしに行って来た。
 
こちらが「麺屋五条弁慶加古川尾上店。ずーっと前?この場所には「武蔵」と言うラーメン屋があったのだが、ほとんどの人が忘れている・・・、あるいはそんな店があった事すら知らなかったかも・・・。(隣のうどん屋と店内で一緒だったラーメン屋さんね。)
 
ちなみにこの店のお隣は、ご存知ラーメン屋「来来亭」加古川店。何故かここだけプチラーメン屋激戦区?になっている?
 
     
麺屋五条弁慶」のメニューはこんな感じ。メインの中華そば(醤油味)は一杯、390円「中華そば一番」より60円も高いぞ!しかも以前のびっくりラーメン180円(税込みで189円)から比べると200円ほど高い・・・、って言うか、倍以上の値段になってるやんけえ!しかも、オープンしたてって事もあってか、ランチタイムでもセットメニューは無い。全て単品メニュー。後、御飯系メニューにチャーハンが無い。唐揚げとかも無い。この辺りのメニュー構成は「中華そば一番」との差別化の為か・・・。その割に値段が高そうなのは何故?
 
で、まあ、初めてって事で無難に「中華そば(醤油)」を注文。
 
中華そば(醤油)」はこんな感じ。何と無く「中華そば一番」の中華そばに似て無くも無い。値段が高い分、丼に高級感がある?
 
麺が細麺と中太麺の二種類から選べるって事だったので、中太麺を選択。市販されてる中華そばの麺に近い食感の玉子麺風で、つるつるしこしこでまずまずの印象。スープは、中華そば一番と同様に和風・魚介系のスープになっている。限りなく中華そば一番のスープに近いような・・・。そうすると価格差60円は何?って疑問が浮かぶが、チャーシューは一枚だけながら、中華そば一番よりは分厚い物だったので、60円の価格差はチャーシューの差?なのかな?後はこの内容で390円ってのが許せるかどうか・・・。安いと言やあ、安いんだけど・・・、どうなんでしょうね?
 
     
セット物メニューが無かったので、御飯物で注文したのが「ねぎ味噌ごはん」、210円。何時ぞや、管理人さん邸のビアガーデン大会の際の「大人のネギ味噌おにぎり」を思い出すような一品だ。御飯の量は私には適量だったけど、ねぎ味噌自体は割りと平凡。もう一味何かが欲しい。昨年の和歌山旅行で買って帰った金山寺味噌の方が遥かに美味しい気がする・・・。
 
てな事で、まだリニューアル・オープンしたてって事もあり、今は隣の「来来亭」よりは「麺屋五条弁慶」の方が客の入りは良さそうだけど、180円ラーメンを支えていたファミリー層が、今までとの価格差を考えると今後どう流れるでしょうね。390円のラーメン!と考えれば安いのだけど、この日も御飯物を食べたので合計600円。中華そば一番同様、総合的にみると格安ラーメン屋って程じゃ無くなってしまったもんなあ・・・。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.