義史のB型ワールド

2008年4月13日

テールカレー。食べたいけどちょっと危ない?

Filed under: カレー — 代理人 @ 12:17 AM
 
代理人記録
 
先に紹介したヨドバシカメラ梅田店のレストラン街を歩いていると目に入ったのが、カレーショップの見本。これが実に旨そうだったので、ちょこっと食べてみた。
 
こちらがヨドバシカメラ梅田店にあるカレーショップRoji」。何時出来たのかは不明だが、オープン時にはこんなお店は無かったような気がする。と言うか、このレストラン街、結構、お店が入替わったような気がする・・・。まあ何処でも良くある話だが・・・。
 
こちらが私の目を惹き付けた「和牛テールカレー」。カレーのど真ん中に巨大な牛テール肉の塊がどーんと乗っかっている。テール部分ってBSEの危険部位にはなって無いが、何と無く危ないっぽい印象もあるけど、テールスープは気にせずに飲んでるし、って事もあり、やはり一度は食べて見なければ!って事でお店に入る事に。
 
和牛テールカレー」に惹かれてお店に入ったが、お店の紹介メニューに寄るとこの店のカレーは基本的に和牛テールを使った出汁をベースにしている・・・、との事。って事は、別に「和牛テールカレー」を食べ無くてもエエような気がしないでも無かったのだが、やはりあの巨大なテール肉の塊が本当なのか、一度は見てみたいもの。てなことで「和牛テールカレー」を注文!
お店の公式サイトの情報に寄ると
 
長時間じっくり煮込んだ「和牛テール」をつかったダシをベースに、様々な厳撰された素材と、
スパイスにより「カレー工房ロジ」だけの、奥行きのある味わい深いオンリーワンな美味しさのカレーに仕上げました。
1日数量限定の「和牛すじ煮込みカレー」や「和牛テールカレー」は、売切れ御免の特撰メニューです。

時間のない人にも時間をかけて作ったおいしいモノを食べてほしい、それがカレー工房ロジからのこだわりです。

 
との事。
 
     
こちらが今回食べた「和牛テールカレー」、お値段はちょっと高くて1200円也。見本と御飯の盛り方がちょっと違うが、そこはご愛嬌。和牛テール肉の塊は良く煮込まれてあるからか、既にちょっと崩れかかっているので、見栄え的には、旨そうに見えるかどうか、やや微妙。
 
和牛テールをアップで見るとこんな感じ。上にも書いたように柔らかく煮込まれてるので、スプーンで簡単に骨から解れて食べやすくなっている。カレーは思ったほど辛く無いし特別スパイシーな感じもしない。割りと平均的なビーフカレーと言える。私の好きなインディアンカレーや得正の上等カレーに比べると格段に落ちる味とも言える。(まあ、この辺りは好みの問題だろうが・・・)
 
てな事で、ちょっと前から気になっていた「和牛テールカレー」を食べてみたけど、まあ一度食べたら十分と言う印象。それ以上にこのお店のカレーも一度食べたら、もう十分かな?他に行きたいお店が無いって時は、もう一度くらいなら食べてみたいような気もするけど・・・。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.