義史のB型ワールド

2008年3月28日

ようやく加古川にも宮本むなし。で、これがブルーノのカレー?

Filed under: カレー — 代理人 @ 10:04 PM
 
代理人記録
 
以前「宮本むなし姫路店」の記事を書いた時にも説明したように、「宮本むなし」と言うめしやが大阪近辺に登場したのは6、7年前の話。雰囲気は「牛丼の松屋」に似た定食屋さんと言う雰囲気のお店。その「めしや宮本むなし」が姫路、大久保に続いてようやく加古川にも出来たと言うので行ってみた。
 
こちらが「めしや宮本むなし」加古川店。JR加古川駅の北出口を出た処にある。めちゃ駅前とも言える。
 
宮本むなし」と言えば、基本的には定食屋さんなので、普通は定食を食べるのだろうが、今回「宮本むなし」に行く前から食べようと決めていたのは「カレーライス」。実は「宮本むなし」のカレーは大阪で有名な「ブルーノ」のカレーと同じルー・・・、と言う噂があるので、それを確かめるべく、あるいは久々に「ブルーノ」のカレーを食べてみたい!と言う衝動にかられての訪問となったのだった。
 
ちなみに「ブルーノ」とは大阪にあるカレーショップで「本当においしいカレーを食べた事がありますか?」と言う挑発的大胆なキャッチコピーのカレー屋さんで、一番安いカレーでも1000円以上、しかもオーダーを取る時にはどっかの飲み屋かパブのように片膝ついて注文を聞いてくれるは、お替り自由のご飯が最初から小さなお釜?に入れられて運ばれて来るは、何かちょっと不思議な雰囲気にあるカレー屋さんでもある。(一時期は、あちこちにお店があったのだが、今は確かナビオHEP店のみ?ここも改装か何かで・・・。)
 
こちらがカレーメニュー。「宮本むなしオリジナルのカレー・・・、って書いてあるなあ。ブルーノと同じカレーじゃ無いの?で、トッピングはカツ、鶏唐、ハンバーグの三種。鶏唐カレーにしようかと思ったが、久々にプレーンなカレーを食べてみようと、普通のカレー、390円にする事に。ちなみに「宮本むなし」は先に券売機で食券を買うシステムになっている。この券売機が混雑時間帯には結構、うっとおしいのよね。券売機を前にしてメニューで悩む奴が居るから・・・。
 
こちらが「宮本むなし」のカレーライス390円也。お皿の色がブルーなのは、やっぱりブルーノのカレーを意識している?それにしても値段のせいもあってか、具がほとんど無い・・・。で、お味・・・。ちょっと甘目。ここから辛さがじわーっと・・・、来ない・・・。うーん、ブルーノのカレーってこんなんだったっけ・・・。何かどうって事無い感じのカレーでんなあ。確かにブルーノで食べたのって、もう大分前だからすっかり味は忘れてしまったから、何とも言えないのだけど、まあ、はっきりしてる事は390円と思えば美味しいカレーなんじゃ無いのかな?
 
ちなみにサービスで御飯大盛りに出来るってことだったので、大盛りにしてもらった。だけどルーは普通盛りだったようで、後半は御飯がちょっと余ってしまってやや残念。折角ならどどーんとルーも大盛りにして欲しかったかなあ。
 
カレーのメニューには「ブルーノ」の文字を見つける事は出来なかったが、テーブルの上に置かれたドレッシングにはしっかりと「カレーショップ・ブルーノ」の文字が・・・。関西人気No.1ってのがカレーを指しているのかドレッシングの事を言ってるのか、ちょっと微妙な感じがしないでも無いが・・・。
 
とりあえず次回は普通に定食でも食べて、このドレッシングの味を確認してみることにしようっと!
 
 
ちなみに「宮本むなし」の隣には、吉野家が出来ていたのだが、何か道路際にある吉野家とは雰囲気が違いますなあ。噂?ではテーブル席まで牛丼を運んでくれる新・タイプのお店だとか。こちらも近い内に訪問して見らねば・・・。まあ、吉牛は吉牛なんだろうけど・・・。
広告

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。