義史のB型ワールド

2008年3月19日

恒例の駅弁シリーズ、ようやく食べたおよぎ牛弁当!

Filed under: 駅弁 — 代理人 @ 10:01 PM
 
代理人記録
 
このシーズンになるとあちこちで開催されている駅弁大会であるが、以前の記事でも書いたように、今、私の中で一番気になっているのが山陰本線松江駅の駅弁「およぎ弁当なるもの。西友の駅弁大会で買えなかったから、余計に食べたいと思うようになっていたのだった。

隠岐の島」と言えば、ほとんど島内だけでしか出回らないとか言う幻の黒毛和牛「隠岐牛」が有名だが(時々、対岸の本土の肉屋で売られる事があるらしい)、この「およぎ牛」が「隠岐牛」なのかどうかは判らない。ブランド名でもある「隠岐牛」に全然触れられて無いから、きっと違うんでしょうね?
 
※ 参考
弁当屋さんの公式サイトの情報に寄ると
 
島根和牛の中でも、特に肉質が柔らかいと言われている潮凪牛を使用しています。

隠岐島の伝統「牛の海泳ぎ」で知られる潮凪牛。その潮凪牛を薄切りにし、奥出雲で醸造された醤油と松江の酒蔵による酒で肉の旨みを閉じ込めました。島根和牛のひき肉とショウガ、ゴボウで炊いた時雨煮とともにいただきます。

 
との事です。

で、そのぜひ一度は食べてみたいと思っていた駅弁「およぎ牛」を買い求めて行った先は、イトーヨーカドー加古川店。行った日は駅弁大会初日の日だし、時間も午後を大きく廻った時間帯だったので、売り切れてるかな?と思ってたのだが、売り場には大量に駅弁が積まれていた。加古川界隈では知名度が低いのかな?値段が高いから人気が無いのかも知れない。

こちらが買って帰った「およぎ牛」弁当、1200円也。確かに値段は高い。まあ、確かにTVや何かでこの駅弁を知らないと、パッケージだけを見て食べたい!と思うような駅弁で無い事は確かだ。

中身はこんな感じ。ご飯の上に濃い目に味付けられた牛肉のスライスと、そぼろ状のお肉が盛られている。サツマイモも地元産?のブランド物?だったかな?

メインのお肉はこんな感じで、甘目控えめの味付け。何と無く「神戸・淡路屋の肉めし」のお肉にも似てるが、味・ボリューム共に「淡路屋の肉めし」以下。でもそれなりに美味しいお肉には違い無い。値段とボリュームを考えるとちょっと高い気がしないでも無いが、高いのは駅弁の特徴?とも言えるので、まあ、こんなもんかな?
 
てなことで、漸く食べる事が出来た「およぎ」弁当であったが、確かに美味しかったけど、期待以上の物では無かった。地元を愛する私としてはこの駅弁より素直に「淡路屋の肉めし」の方をお薦めする。

WordPress.com Blog.