義史のB型ワールド

2008年3月18日

元希望軒播磨町店。虎と龍のなったけど、味一緒?

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 11:17 PM
 
代理人記録
 
姫路生まれ姫路育ちのラーメン屋、希望軒が東播地区に進出して来た一号店は明幹沿いにあった播磨町店。しかし希望軒が民事再生法適用となり、FC店は撤退、播磨町店も一時期閉店していたのだが、昨年の夏か秋頃に「来龍軒」として復活したのだが、その後、またもや別のラーメン屋「虎と龍」と言うお店になったと聞いたので、ちょこっと行ってみた。
 
お店の外観はこんな感じ。店舗自体は希望軒や来龍軒のまんまに近い。「来龍軒」の記事の時に書いたけど、やっつけ工事で看板だけ付け替えただけ?ってのが正しい表現かも。ただ今回はメニューの立札?が上に付いたのが新しい?ちなみに店内も、希望軒の頃のマンマで懐かしのぼんカレーの看板等が健在。店内はカウンターやテーブル等を含め、一切改装されてないと思われる。
 
ちなみに「虎と龍」は「博多天神とんこつラーメン」との事らしい。同名のラーメン屋が姫路にあるのだが、その関係は不明。もしかしたら、希望軒のFCから脱退したお店が集まって新しいチェーン店を始めた?とも思える・・・。序でに書いておくと、姫路のお店がある場所は、以前、このブログでも紹介した事があるカツ丼専門店「安兵衛」が最初にあった場所だ。
 
メニューはこんな感じ。基本的にはとんこつスープ一本のメニュー構成。他にも定食メニューもある。
 
今回はシンプルに「とんこつ らー麺」、630円を注文。博多とんこつの割りに白濁って感じじゃ無い?何処と無く、希望軒とんこつに似ているような似て無いような・・・。
 
麺は御覧の通り、極細。スープは何処と無くクリーミーで、本場博多ラーメンのような豚骨臭さは無い。希望軒とんこつをクリーミーマイルドにしたような感じ?しかし、何となく希望軒、来龍軒の流れを汲むかのようなスープのような気がする。もうちょっと本場・博多ラーメン風にこってり豚骨でも良いような気がするのだが・・・。
 
この味では、近くに出来た私の好きな「満天」に負けてしまうんじゃ無いのかな・・・、と思ってしまう。このままでは、また違う名前のラーメン屋になる日も近い?

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.