義史のB型ワールド

2008年3月12日

自転車でこけた現場はこんなとこ!

Filed under: 未分類 — 代理人 @ 10:08 PM
 
代理人記録
 
未だ完治出来ない膝の傷であるが、自転車でこけた場所をあらためて見に行って来たのでご紹介。

この道の車道側を自転車で走っていたのだが、後から結構、車が来る。御覧の通り、車が駐車場へ入れる為に、歩道を乗り越える為の鉄板?が引かれてるのだが、これが結構邪魔で、これを避ける為に余計に車道の中ほどを走る事になるので、余計に危ない。
 
これは素直に歩道に上がるしかないな、と思い、この鉄板?を利用して歩道に上がることにした。

連続してあった鉄板の最後の鉄板だけ、先っちょが平らで無く、ちょっと盛り上がっている。一瞬躊躇したのだけど、勢い付けて走って来たし・・・、どちらかと言うと鉄板の上で滑るのでは無いかと、そっちの方が不安だったのだが・・・。

登ろうとしたら結構、段差(落差)がある。本来なら大きく右(車道中央側)に出て、鉄板と垂直になるくらいの角度で乗り上げるべきなのだが、後ろから車が来てるって事もあって、あまり右側(車道中央側)に出る事も出来ず、中途半端な角度で突っ込む事に・・・。
 
そしたらね・・・、この段差が結構強情で自転車の前輪が乗らなかったのよね。でもスピードと勢いだけはあったもんだから、前輪がこの段差に滑るような感じになってそのまま左側(歩道側)に転倒。勢いが付いていたから、そのまま左膝が歩道のコンクリート上でそのままずるずると擦れて行ったのよね。最後は、自転車は止まったのだが、勢いだけはまだ残ってたので、体ごと前の方に(一応歩道上)に前転。昔、柔道の授業で習った受身の態勢?状態になって、背中から歩道上に転がったのだった・・・。
 
今時は、カッコ悪いし、ジーパンの膝が破れてるのは気になったけど、自転車は然程被害が無く(ハンドルも曲がって無い)ので直ぐに起き上がって自転車にまたがって、その場を立ち去ったのだった。この感、数台の車が通り過ぎたのだが、みんな一応、こっちを見て通り過ぎて行ったのだが、その目が、心配してこっちを見てるのか、こけて滑稽な姿になってるのを面白がって見てるのやら、よう判らんかったけど、兎に角、かっこ悪いと思ったから、その場を直ぐに立ち去ったのよね。
 
まあ、そんな感じで、自転車でこけただけ・・・、何だけど、3週間ほど経った今でも足の傷は完全にはふさがって無い状態。嫌あ、思った以上の事故だったと我ながら思うのであった・・・。
 
 
ちなみにこの事故現場を見た後、久々に近くにある「二代目おかだラーメン」に行ったのだが、お店は改装中でお休みだった。リニューアル・オープンしたら、また行ってみようと思うのであった・・・。膝の傷は癒えてないが、我ながら、まだまだ元気だ!と思うのであった。

WordPress.com Blog.