義史のB型ワールド

2008年3月11日

恒例の駅弁シリーズ、駅舎竹籠弁当は値段と中身が・・・。

Filed under: 正真正銘B級グルメ — 代理人 @ 11:03 PM
 
代理人記録
 
サンモールのお得なクーポンで、ケンタッキーフライドチキンを買いに行ったのだが、いよいよ終盤となった西友の駅弁コーナーを覗くと何やら懐かしい雰囲気をした籠の入れ物の駅弁800円が処分価格の半額400円で売られていたので思わず買ってしまった。

見た感じはこんな風。大きさは弁当箱サイズで駅弁としてはちょっと小さい。メインで食べる駅弁と言うより間食ようか?それにしては値段がちょっと高いが・・・。

竹籠はこんな感じ。駅弁代のかなりの割合をこの竹籠代にかかってる?何と無く懐かしいでしょ?でも竹籠で弁当を食べてた、何て言う思い出は無いのだけど・・・。何で懐かしいんでしょうね?

竹籠弁当の中身はこんな感じ。めっちゃシンプルだし、一見すると何が売り?それ以上に、標準価格が800円もするのは何故?と思ってしまうのだが、一応、おにぎりはかにめしになっていて(季節ごとに変わるらしい)、おにぎり自体はそれなりに美味しい。でもおかずは御覧の通り、平凡。内容、量と共に、800円どころか、半額の400円でもちょっと高いんじゃ・・・、と思ってしまう内容だった。
 
ちなみにこの弁当と、フライドチキン2本食べたらお腹満腹になった。意外とボリュームあるのね。まあ、チキンの影響が大だろうけど・・・。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。