義史のB型ワールド

2008年2月12日

私の好きな姫路のらーめん屋「満天」が播磨町にやって来た!

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 10:49 PM
 
代理人記録
 
このブログや、以前のメール等で何度か紹介した事があるが、私の好きな姫路のらーめん屋「満天」の支店が播磨町の明幹沿いに出来た。場所は確か、以前に安売りの靴屋があったと思われるとこ。実は「満天」播磨町店オープンの噂は当初、12月下旬と聞いていたのだが、1月初めに様子を見に行ったら、まだオープンしてなかった。実際のオープンは確か1月22日だったかな?
 
こちらが明幹の西行き、東行きのどちらからも良く見える巨大な看板。インパクトは大きい。
 
こちらが「満天」播磨町のお店「満天」姫路本店は駐車場が無いし、飾磨店も駐車場は狭く、しかも入れ難いのだが、流石に播磨町店は20台ほどが駐車出来る巨大な駐車場が完備。店内も飾磨店とは違い、カウンターの他にテーブル席も用意されている。店内は最近の流行か、例に寄ってレトロな造りになっている。
 
お店入口には「店内は大変混雑してます・・・。時間に余裕の無い方はご遠慮して・・・」みたいな事が書かれていたような・・・。
 
こちらが「満天」のらーめん、600円也魚介系のあっさりとした和風のスープだ。何も思わずにスープだけ飲むとうどんの出汁と勘違いするほどだ。これにややピリ辛風味が加えられている。具は焼き豚の他に、炒めた白菜が入っているのが大きな特徴。最近、この手の白菜入りのラーメンが増えて来た。ご存知、大阪の「神座」を始めその元祖とも言える天理スタミナラーメン&彩華、芦屋の楓林、三ノ宮の萬歳軒(既に閉店したようだが)等など、白菜入りのラーメンは数多い。(野菜らーめんは除く)
 
この日のチャーシューは何か市販のハムっぽい焼豚だったのが、ちょっと残念。飾磨店はこんなチャーシューだったかな?
 
麺は極細麺。具のメインは炒めた白菜だが、玉葱は入って無かったような・・・。確か飾磨店で食べた時は白菜と玉葱を炒めたような内容だったような気がするのだが。後、麺の量は飾磨店同様、ちょっと少なめに感じる。が、セットメニューが無いので、ちょっとバランスが悪い。個人的にはせめてランチタイムだけでもミニチャーハンをメニューに追加して欲しいかも。
 
てな事で、「満天」播磨町店に行ってみたが、まだオープンして間も無いからか、飾磨店で食べる時ほど、美味しいとは思えなかったなあ。この近辺には珍しい、魚介系のあっさりスープなので、結構お薦めなんだけど、味が安定するまで、暫くの間は様子見した方がエエかもしれない。

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。