義史のB型ワールド

2008年2月4日

うどん屋さんのカツ丼。まあオーソドックスな内容。

Filed under: — 代理人 @ 9:50 PM
 
代理人記録
 
外でカツ丼を食べる時って意外とうどん屋さんの丼メニューで・・・、って事が多いのでは無いか?最近でこそ、カツ丼専門店ってのが増えて来たけど、以前は丼ってのはうどん屋のサイドメニューが大半だったんでは無いかな?等とふと思ったのは関係無いが、先日、荒井にある人気のうどん屋さん「喜両由」に行った時に、何と無くカツ丼が食べたくなってカツ丼を食べてみた。
 
こちらが「喜両由」のカツ丼。単品オーダーなので、うどんでは無く味噌汁が付いていた。卵の半熟度はかなりレアに近い・・・、と言うか、カツをとじた卵以外に後から生卵を加えた?ような生の白味が入っていた。丼つゆと言うか返しと言うのか出汁は、「喜両由」の出汁そのままっぽいので、美味しい。カツ自体は割りと平凡だが、まあ、うどん屋のカツ丼としては合格点を上げても良いんじゃ無いかな?
 
 
こちらはアスパ高砂内にあるうどん屋「せらび亭」のヘレカツ丼。うどん屋定番とも言える小うどん付き。ヘレカツってことで、カツもそこそこ美味しい。卵のとろとろ感も中々良い。こちらもうどん屋のカツ丼としは十分合格点を与えても良いかな。
 
小うどんはこんな感じ。若干、薄めの御出汁のように感じたが、それはカツ丼のつゆの味が濃いかったからかも。うどんは可も無く不可も無く・・・、ってとこかな。
 
てなことで、うどん屋のカツ丼が続いたけど、値段的にはカツ丼専門店の方がやっぱお得かな?

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.