義史のB型ワールド

2008年2月2日

久々の山頭火のらーめん。初めて食べたのも山陽百貨店じゃん。

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 10:09 PM
 
代理人記録
 
ちょっと前に姫路山陽百貨店で北海道物産展が開かれていた。その会場に旭川らーめん山頭火が出店していたので食べてみた。と言うか、かれこれ10年ほど前に同じく姫路山陽百貨店の北海道物産展で出店していた旭川らーめん山頭火を食べて、その美味しさに感動したのが、そもそもの山頭火との出会い。その後、大阪八尾に支店が出来た時も、甥っ子の引越しとも重なった事もあり、オープン直後にお店に行ったほど。その後、大阪北新地の西側にも支店が出来たので、結構、食べるチャンスが増えたのだった。(時々、生麺タイプのインスタント版を買って管理人さん邸へ持って行った事もあるのだが・・・。)
 
こちらが旭川らーめん山頭火の塩らーめん。昔ながらの旭川らーめんとは違い、豚骨スープがベースの塩ラーメンだ。これが旭川で大ブレーク。新興ラーメン店なのだが、一躍、旭川を代表するラーメン屋となったのであった。そもそも、豚骨スープに馴染みの無い北海道の人が初めて出合った豚骨スープ?ってことも人気を得る原動力になったのかも知れない。
 
最近は大阪でもご無沙汰していた山頭火の塩らーめんであったが、久々に食べると結構甘い。播州ラーメン並みの甘さだ。私が美味しいと思ったのも、意外とこの甘目の豚骨スープのせいだったのかも知れない。まあ、どっちにしても私の好きな味には違い無いのだが。
 
てなことで、今や、全国的にメジャーになった(全国に支店が出来てる)、旭川・山頭火らーめんであるが、播州地方の人が食べるチャンスと言えば、カップ麺やインスタントを別にすると、大阪まで行かなと食べれ無いので、ぜひ姫路の山陽百貨店まで出向いて食べて欲しいものだ。(もう北海道物産展は終わってしまったが・・・。)

WordPress.com Blog.