義史のB型ワールド

2008年1月31日

今年もかき幸で牡蠣フライ御膳。でも牡蠣は小粒?

Filed under: グルメ — 代理人 @ 9:52 PM
 
代理人記録
 
今年も牡蠣の季節がやって来ましたねえ。ってことで、例年の如く、「かき幸」へ行って来た。ここ数年は昼のかきふらい御膳専門だ。流石に週末ってこともあってか、何時ものカウンター席は満席。お庭の見えるお座敷は部屋代取るし・・・、と待っていたら、店の一番奥の座敷に案内された。古めかしい部屋ではあったが、その代わり、部屋代はサービスだったかな?
 
まずは付き出しの黒豆。普通に甘くて美味しい黒豆だ。
 
暫くして運ばれて来た「かきふらい」はこんな感じ。御覧の通り、旬真っ盛りの割りには、牡蠣が小粒だ。今年の牡蠣は身が小ぶりと聞いていたが、確かに小さい。早い時期にかき幸へ来るとこんなサイズの時もあったが、時期的には今が一番のはずなのにね。それでも流石に「かき幸」のかきふらいは衣に一工夫もあるせいか、やっぱ美味しい。年に一度は必ず食べたい一品には違い無い。
 
かき幸」のかきふらいの特徴は、牡蠣ふらいと言えば一般的にはソースで食べるが、この店はぽん酢で食べる。その塩が、これまた自慢のようで、メニューに「セルドゲランド」と書かれた岩塩だ。この塩を付けて食べる牡蠣フライがこれまた旨い。この塩は、きっとステーキで食べても旨いんじゃ無いかな?あるいは塩らーめんに使うのも良いかも知れない。と、色々、想像をかきたてられる、お薦めの塩だ。そう言えば、前々から管理人さんにも一度食べさせてあげたい、塩!なのだ。
 
ちなみにぽん酢はこんな感じ。こちらは至って普通かな・・・。
 
お馴染みのにゅう麺も美味しい。
 
     
ご飯は小盛りだったので、叔母のご飯もいただきました。漬け物も美味しかったし、満足満足の「かき幸」であった。
 
ちなみに昨年のシーズン真っ盛りの時のかきふらいはこんな大きさだった。全然大きさが違うでしょ?食べ物だけは、その日、その時の状況で大きく異なるのは、別に牡蠣に限った事では無いが、来年は、これぐらいのサイズの牡蠣フライが食べれることを願っておこう!

1件のコメント

  1. うちの嫁が牡蠣のTVを見るといつも、管理人さんに今シーズンこそ「かき幸」に連れて行って貰うんだ、と言っていた、本人は約束してるつもりのようだが・・・。まあ最近は忙しいのか何も言わなくなったが。

    コメント by 30番 — 2008年2月1日 @ 7:34 PM


RSS feed for comments on this post.

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。