義史のB型ワールド

2008年1月23日

最近流行りのミルフィーユなカツのカツ丼。普通に旨かった。

Filed under: — 代理人 @ 10:02 PM
 
代理人記録
 
大阪で3D映画「ベオウルフ」を観た後、ちょいと食事をしてから帰る事にした。梅田ブルク7のあるイーマの地下は、映画帰りの人を狙ったレストラン街にもなっている。映画の半券を持っていると割引やらデザートが貰えるキャンペーンをやっていたので、折角なので利用してみた。
 
お店に寄って映画の半券サービスはマチマチ。デザートが付いたり割引があったりと・・・。そんな中からちょっとお洒落なとんかつ屋さんをチョイス。
 
お店前の見本が美味しそうだったのと、100円割引と言う点がポイント的に高かったってのがその理由。
 
メニューはこんな感じ。夏頃に三ノ宮ゲンカツ丼ってのを食べたが、その店と同じように、ミルフィーユなカツを使ったかつ丼なのだ。
 
こちらが実際に食べたミルフィーユなかつ丼。器がお洒落な洋風なので、大きさがちょっと判り難いが、量的には一般のかつ丼のサイズより少しだけ量が少ないかな?と言う感じ。玉子のトロトロ感はバッチしかな?
 
カツは薄い豚肉を何層も重ねた、ネーミング通りミルフィーユなカツ。そのおかげでとっても柔らかな豚カツで、甘目のタレと相まって、中々美味しいカツ丼だった。
 
セットの煮麺も関西風の甘目な出汁で、こちらも中々美味しかった。
 
てなことで、セットで920円はちょっと高い気もしたが、100円割引で820円だったし、それなりに美味しかったので満足の行くカツ丼だったかな?

WordPress.com Blog.