義史のB型ワールド

2008年1月21日

元・希望軒巡り。変わったようなそうで無いような・・・。

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 10:54 PM
 
代理人記録
 
民事再生法で一部のお店が閉店してしまった希望軒(ホープ軒)だが、先日、希望軒・播磨町店が来龍軒に生まれ変わった事は紹介済み。今回は、希望軒・魚住店が「麺屋いちなり」に生まれ変わっていたのでご紹介。
 
希望軒・魚住店は支店の中でも比較的新しい方だったので、ある意味、短期間で別のお店に変わってしまったとも言える。しかしお店はほとんど以前のままで、上のテント部分も良く目を凝らして見れば、「希望軒」の文字が透けて見える、この店もやっつけ仕事で改装したって感じがひしひしと・・・。
 
入ってから思ったのだが、希望軒・魚住店は店の前を通った事があるだけで入った事は無かった。私は希望軒・姫路本店を始め、遠くは三ノ宮店、近くはホームラン・スタジアム店等、こまめに希望軒の支店をチェックして来たのだが、魚住店はチェックする間も無くお店が変わってしまった、とも言える。てなことで、以前のランチメニューがどうだったか定かで無いが、「麺屋いちなり」のランチメニューはこんな感じ。今回はオーソドックスに「いちなり中華そば」を注文。
 
若干ピンボケ気味だけど、これが「麺屋いちなり中華そば」。モヤシにメンマにネギがてんこ盛りでボリューム満載。でも何か、中華そば、と言うよな感じでは無いような・・・スープ。希望軒のとんこつラーメンからとんこつを抜いたようなスープ?みたいで、確かにあっさり味。
 
麺も希望軒の時と同じく極細麺。素麺のように細い麺だ。この辺りも中華そばと言うイメージとかなり違う?
 
プラス160円で追加したチャーハン小。この味はまさに希望軒のチャーハンそっくりで美味しかった。
 
てなことで、元・希望軒巡りになってしまったが、こうなったら久々に希望軒本店とか残存店巡りでもしてみるかな?個人的には希望軒では背脂の量が指定出来る塩ラーメンが一番好きなんだけど、それって希望軒のメインのラーメンじゃ無いのよね。希望軒と言えば、ピリカなのだが、私はあまり好きじゃ無かった・・・。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。