義史のB型ワールド

2008年1月16日

偶然見つけたガン封じ寺。これも何ぞの縁ってことで御参りしてまいりました。

Filed under: 観光 — 代理人 @ 9:05 PM
 
代理人記録
 
三河~浜松旅行の二日目は雲一つ無いような晴天。そんな中、「つけてみそ・かけてみそ」を探しながら、あるいは甥っ子が銀行を探しながら浜松方面へ向かっていると、目に入ったのが「ガン封じの寺」の看板。現代病とも言える癌にご利益があると言うことなので、これも何かの縁に導かれた物と思い、「ガン封じの寺」に寄ってみる事に。
 
こちらが「ガン封じの寺」こと、無量寺。写真の右下が何と無く歪んでいて、もしかしたら霊魂の仕業?って思って他の写真をチェックしたら、今回の旅行中、どっかでレンズに何かが付いたようで、全部、右下辺りがボケていた。ってことで、残念ながら 霊によるもんでは無いようで・・・。
 
     
規模的には播州地方に数多くある、お寺さんと大差の無い規模の寺なのだが、「ガン封じの寺」ってことが割りと有名らしく、観光バスが何台も停まり、ひっきりなしに観光客がやって来る。写真は撮らなかったのだが、本堂の奥?には「千仏洞」ってのがあって、そこはインド・中国風の異国情緒漂う雰囲気と、様々な仏様を拝む事が出来る、ありがたい場所もあった。仏心は兎も角、観光スポット的にも中々見応えのある「千仏洞」だった。何より無量ってのが一番、ありがたい・・・。
 
     
その他、境内には「身代り滝不動」や、年季の入った杉?の大木等、まあ、一般的と言っちゃそれまでだが、色々と見て廻る価値のあるものが数多くあった。
 
順番が前後になるが、この寺の駐車場から一番に見えるのが、このインド・中国風の塔。先に紹介した「千仏洞」は、この塔を見て想像する世界が広がるような異空間だったとも言える。
 
てなことで、偶然、立ち寄った「ガン封じ寺」ではあったが、中々良い物を見せてもらったと言う印象。こう言った予定して無かった物に出会えるから、旅って楽しいのよね。これが私の旅の原点でもあったと、つくづく若かりし頃を思い浮かべるのであった・・・。

とりあえず、更新再開。

Filed under: 未分類 — 代理人 @ 9:03 PM
 
代理人記録
 
ばたばたした毎日が続きましたが、漸く落ち着いて来ました。
と言うことでブログ更新再開したいと思います。
 
暫くの間は、昨年12月頃の溜まったネタが続く予定です・・・。
 
ではでは・・・。

WordPress.com Blog.