義史のB型ワールド

2007年12月28日

ホテルのディナー。洋食なんだけど、魚介類が多かったかな?

Filed under: 旅行 — 代理人 @ 9:42 PM
 
代理人記録
 
一泊目の夕食はホテルのレストランでディナー。この日は昼もステーキランチだったのだが、夜も無難に洋食を選択。
 
フォアグラ入り牛肉のパテ トリュフ風味 小海老とパパイヤのサラダ添え
まずはオードブルフォアグラと牛肉ってことで、組合せ的には目茶嬉しい食材なのだが、パテになっていて、フォアグラ感とかイマイチ良く判らんかった。でも美味しい料理ではあった。
 
 
大あさりと貝類・ほうれん草のガレット ニンニクの泡を添えて
二品目は地元、三河湾で取れたと言うあさり等を使った料理泡がブクブクしてるように見えるが、これは最近流行りの泡のソースなのだそうだ。料理名からすると「ニンニクの泡」らしい。
 
 
牡蠣のヴルーテ 白菜のガトーとフォワグラ・牡蠣のムニエル添え
スープも牡蠣のスープで、これまた泡立っている。このスープ、見た目ではあっさり風に見えるが、かなり濃厚・濃密な牡蠣の風味がするスープだった。
 
森の茸と鱈のフリカッセ 白子のブリオッシュのパネ添え
続いての料理もってことで、まさに三河湾の魚介類のオンパレード。個人的には魚系はあんまり好きじゃ無いので嬉しいような悲しいような・・・。鱈の上に乗っているのは白子のコロッケ?でもまあ普通の白子だったかな。
 
 
メイン料理の鴨ロース(詳しい料理名は不明・・・)
メイン料理は牛肉は昼の食べたってことで、鴨ロースを選択。この日、一番、私のお口にあっている料理だったかも。
 
 
ビュッシュドノエルのプラリネショコラと苺 ブランシュネージュとフルーツのコンポート オレンジのグラス添え
デザートは12月ってこともあって、クリスマス風になったケーキやアイスクリーム、フルーツの盛合わせ。こう言うのは観てるだけでも楽しいもんですね。
 
パン
     
ちなみにパンの中にイカ墨入りのパンってのがあったのだが、あまりイカ墨の風味は無く、単に黒いだけのパン?っ感じだった。ゴマのパンも普通・・・。無難にフランスパンとかを選んだ方が良かったかも。
 
てなことで、洋食を選んだのだが、珍しく魚介類中心の料理のオンパレードだった。これでメイン料理も魚をチョイスしていたら、まさに海の幸尽くしになるところであった。この後、上機嫌で、別料金のスパに行って、長湯で、のぼせて早い時間にご就寝してしまったのであった・・・。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.