義史のB型ワールド

2007年12月25日

久々の3D映画!わざわざ大阪まで観に行って来た。

Filed under: 趣味 — 代理人 @ 11:35 PM
 
代理人記録
 
実は私は意外と3Dが結構好きだ。と言うか、結構、縁がある。その昔、某S社の8ビットパソコンを使っていたのだが、その頃からパソコンで3Dを観る事が出来るメガネ及びボードが販売されて居た事は、メーカーの人でも意外と知らない人が多い。その後、発売された16ビットパソコンX68000には標準で3Dメガネを接続する端子が付いていたのだが、3Dメガネは発売されなかったんでは無いかな・・・。
 
また、当時絵が出るディスクとして、今のBlu-rayとHD DVDの規格争いのようにLDとVHDがあったのだが、VHDには3D映画を観る事が出来るオプションがあって「ジョーズ3」辺りをVHDで観た事がある。当時の3Dメガネは液晶シャッターを利用していたので、長時間映画を観ると、ちょっと気分が悪くなる事がある・・・、ってのが最大の欠点で、あまり世の中に出回らなかったのだが・・・。
 
時代は移り、USJ等では3Dで観るアトラクションも増え、また映画でも時々3D映画が上映されていたりする。3D好きなもんで、「スパイキッズ3」も無理やり甥っ子を連れて観に行ったりしたもんだが、あの映画は3D以前に、あまりにも中身が無さ過ぎで途中で居眠りしてしまったのだが・・・。
 
で、この12月、久々に3D長編映画が公開されたのだが、加古川や明石のワーナーマイカルでは3Dでは上映されて無いので大阪の映画館まで観に行って来た。
 
こちらが今回、3D映画を観に行った梅田ブルク7。まだ出来て2、3年?ぐらいしか経っていない比較的新しい映画館で、ワーナーマイカルのようなマルチプレックスシネマになっている。と言うか梅田界隈の映画館も大半がこのような映画館に変わってしまった。私が大阪に住んで居た頃のそのままの姿の映画館はほとんど残って無いかも・・・。
 
こちらが今回観た3D映画ベオウルフ-呪われし勇者-」。一応、アンジェリーナ・ジョリーとかの役者も出ているのだが、ちょっと前にあった映画「300」と同じような感じで、基本的にはCG映像。その為、若干の違和感はあるが、3D化する為には致し方無いのかな?で、その期待の3Dだが、これが冒頭より行き成り3Dバリバリで中々楽しい。字幕も若干浮き出た感じになっている。全編、3Dを意識したカメラワークや構成になっているので3Dで無い劇場で観ると、無駄な映像や下手なカメラワークに映るかも。
 
この3D版「ベオウルフ」は特別興行とかで特別料金2000円なのだが、長編映画と言うことで、それなりの価値はあったかな?USJだと5000円ちょっとで一日中、3D、4Dを含めたアトラクションを楽しめるのでコストパフォーマンス的にはUSJの方が遥かに上かも。
 
上の写真はちょっと判り辛いが、今回、3Dを観る為に劇場入口で貸してくれる3D用メガネ。基本的には昔ながらの赤と青のフィルムを利用した3D映像と言う感じだった。ちょっとメガネのフレームが大き過ぎて映画観てる途中にちょっとずれてくるのが何点だったかも。
 
てなことで、久々の3D映画だったが、大阪・天保山にあるサントリーの3Dシアターでは結構な割合で3D映画をやっていたりする。私も以前、PL花火大会へ行く前に立ち寄った際、短編の3D映画を観た事がある。そう言えば、淡路島の先っちょでは鳴門渦潮館があって、そこでも3Dの渦潮紹介映画を観たなあ・・・。もうちょっとしたら、メガネ無しで3Dの映画やTVが観れる・・・、と言う話だったのだが、その話を聞いてから、もう10年以上過ぎたかも知れない・・・。
 
最後に・・・ちょっと思い出したが、先の8ビットパソコンには3Dメガネを掛けてするゲームもあった。ゲーム自体は詰まらない内容だったのだが、3Dでゲームが出来るってことが、凄く革新的だったのだが・・・、例に寄って液晶シャッターの問題で・・・。嫌あ、ちょっとした昔話ですね・・・。

地球最後の男・・・、日本限定ポスター。映画はなんですが・・・。

Filed under: 趣味 — 代理人 @ 10:23 PM
 
代理人記録
 
ただ今、お正月映画として絶賛公開中の「アイ・アム・レジェンド」だが、映画には日本は出て来ないのだが、映画の宣伝用に日本版向けのポスターが、しかも東京版、大阪版と二種類あるのでご紹介。映画自体は「地球最後の男」のリメイクってことなのだが、「地球最後の男」って日本じゃあまり知られて無い映画じゃないかな。まあ「地球最後の日」系の映画は昔から沢山あるのだが・・・。
 
 
まずは東京版のポスター。日本と言えば、富士山に東京タワー!、って何時まで経ってもこれかい!今時、東京タワーって高層ビルに隠れてほとんど見えないぐらいじゃん。何か東京オリンピックの頃の東京みたい・・・。
 
 
続いて大阪版。大阪城とビル群ってことで、大阪ビジネスパーク辺りを描いているのかな?でも大阪城の直ぐ後ろのビルは阪急グランドビルにも見えるような気がしないでも無いのだが・・・。
 
てなことで、絶賛公開中の「アイ・アム・レジェンド」だが、何と言うか、最近この手のゾンビ系?の映画が多かったような気がする。この秋頃には「インベージョン」が、先月には「バイオハザードⅢ」があって、どの映画もウィルス感染に寄って巻き起こる・・・、てな展開が全部一緒。最近のご時勢なのかなあ。「インベージョン」って確か原作は宇宙人?とかじゃなかったっけ?と思いつつ、最近は宇宙人よりウィルスの方が脅威になって来ているのかも。そりゃまあ、宇宙人は存在すら確認されて無いのだけど、宇宙人好きの私に取っては、何か不満だらけじゃ!

WordPress.com Blog.