義史のB型ワールド

2007年12月24日

年末でゆでたまご無料?でもラーメンとカレーは・・・。

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 10:27 PM
 
代理人記録
 
ただ今、290円の中華そばで有名な「幸楽苑」では年末感謝祭と言うことで「ゆで玉子無料サービス」をやっている。「ゆで玉子無料サービス」と言えば、私が京都に住んで居た頃に京都南インター近くにオープンした「ラーメン第一旭」は常時「ゆで玉子無料サービス」をやっていた。昔はラーメンにゆで玉子が入っていると得した気分になったもんだが、今時は、煮玉子で無いと嬉しく無いかも。
 
おなじみ、「幸楽苑」の加古川店。以前にも書いたが、290円の中華そばだけが売れると経営が苦しいそうで、幟もメニューも値段の高いラーメンばかりがお奨めになっている。冬季は「海老ワンタンめん」が一押しらしい。
 
こちらが「ゆで玉子無料サービス」の告知とそのゆで玉子。食べ放題は嬉しいのだが、剥いた殻を捨てる皿とかが無く、店員に聞くと備え付けのティッシュ・ペーパーに包んで捨ててくれ、との事。何か、無料サービスやってる割に細かいとこまでの気配りが出来て無いような・・・。この辺りがお店全体の安っぽさ感を如実に表しているとも言えるのかも?
 
とまあ、何やかんやとボヤキつつも、ラーメンが来るまでに一個、ラーメンの中に一個と、合計二個のゆで玉子をいただきました。まあ、子供じゃ無いし、幾ら無料と言ってもゆで玉子じゃこの程度が限界よね?
 
でこの日は久々に290円の中華そばを注文。あり?何かオープン当初の味と微妙に違うような・・・。超混雑時だったせいか、あるいは、安い中華そばは手抜きするようになったのか、何か以前のような値段と味とのコストパフォーマンスの良さを感じ無い味に変わっていたような・・・。偶々なのか、加古川店の問題なのか・・・。まあ、値段が値段だからこれ以上は気にせんとこ。
 
序でに280円のカレーライスってのも注文してしまった。若い頃ならラーメンとカレーのコンビと言えば黄金の組合せだったのだが、この歳になると量は要らんから旨いもんにしてくれ!と思ってしまう・・・。で、280円ってこともあってか、ご飯は半分のミニカレー。味は、レトルトカレーそのもの。作るところは見て無かったのだが、きっとレトルトカレーを湯煎しただけのもんでしょう。まあ子供向けにはこれで良いのかも知れないけど、この値段と味じゃあ、素直にココ壱へ行ってカレーを食べてる方がエエよね。
 
てなことで、久々に行った「幸楽苑」だけど、相変わらずファミリー層を中心に人気のようだ。とても美味しいラーメンを求めて行くようなお店では無いのだが、あまり昼にお金を掛けたく無いような時には便利なお店だと言える。カレーはお奨めせんけど・・・。
広告

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。