義史のB型ワールド

2007年12月22日

液晶テレビも安くなったよねえ。結構便利な機能もあったりするし。

Filed under: 趣味 — 代理人 @ 11:53 PM
 
代理人記録
 
実は今年の5月の話であるが、我家もようやく32型液晶テレビを買ったのだった。上新電機の某店の改装オープンで、三菱製の32型液晶テレビが89,800円で売っていたので、思わず買ってしまったのだった。この値段で、国産で私の欲しい機能が取り合えず付いてたから。後は、32型でフルハイビジョンパネルで、倍速対応モデルが安くなるまでじっと我慢。その頃には、液晶以外になってるかも・・・。
 
こちらが三菱製32型液晶テレビ。買った直後、今年ある意味、マニアの間で話題になったWOWOWのスター・ウォーズ全作のハイビジョン放送をやっていた。上の写真はご存知、ダース・モール・・・。スター・ウォーズ旧三部作のハイビジョン放送を録画したくって、この時、ブルーレイ・レコーダーを買ったマニアな方は多かったと思うけど、我家は残念ながらテレビを買っただけだった・・・。もう一度、再放送してくれないかな・・・、WOWOW。
 
この液晶TVはD-Sub 15ピンの端子が付いているので、パソコンのモニタにもなる。解像度は1380×768なので、32型だとちょっとでか過ぎるとも言えるのだが、通常の20インチモニタ(1600×1200ドット)とデュアル・ディスプレイになっていて、映画を観る時は、こっちのテレビでお手軽に観ることが出来るのだった。
 
先に紹介した、7インチ無線モニタと大きさを比べるとこんな感じ。やっぱ32型はそれなりにデカイ!
 
この32型テレビには二画面機能が付いていて、外部チューナーを使ったりアナログ放送などを使うと同時に二チャンネルの放送を観る事が出来る。またパソコンの画面とテレビの画面の二画面も出来るし、テレビを見ながらDVDレコーダーの編集やDVD-Rの作成なんかも出来て結構便利なのだ。しかも先ほどの7インチの液晶モニタを利用すると同時に3チャンネル、3番組同時に観る事が出来る
 
当然、パソコンにもTVチューナーが付いているので、パソコンでもテレビが観れて、液晶モニタには外部ビデオ入力端子が付いていて、こちらでは親画面・子画面で、同時に二番組を観る事が出来る。これにプロジェクターを加えると、私の部屋では同時に6番組が視聴可能なのだ。以前、大晦日の格闘技番組を3チャンネル同時に観たが、頭の中が混乱して何が何だか判らんかった事があったけど・・・。
 
最後に、この液晶テレビは電動で左右に首を振る機能まで付いている。微妙に観る位置が変わったとしても、自分の正面になるようにリモコンを使って簡単に首を振ってコントロール出来るのだった。89,800円で、これだけの機能てんこ盛りの液晶テレビは、やっぱりお買い得だったでしょ!

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。