義史のB型ワールド

2007年11月21日

マクドナルド、使えねえ!

Filed under: 未分類 — 代理人 @ 12:41 PM
 
代理人記録
 
昨日は、訳あって高松。え?何の訳かって?それはその・・・、おっかけですわ。
 
で、現地からリポートしようとモバイルパソコンを持って行ったのだが、高松の駅周辺に無線LANの使えるマクドが無い!!!
JR高松駅でも使えるような事を書いてあったのだが、無線LAN繋がらない。てなことで、現地からの更新は残念。
 
高松を深夜に出るフェリーに乗って今朝、三ノ宮に到着。で、三ノ宮のマクドから更新しようとしたら・・・。何故かブログを更新しようとすると、無線LANが切断させる。しかも再起動しないとログイン出来なくなる。私のモバイルパソコンは非力な上に地図ソフトとかを詰め込んだためか、電源入れてから使えるようになるまでに10分ほどかかる。何度もチャレンジしたけど、結局、最期は全然繋がらなくなって、諦めたのだった・・・。
 
嫌あ、マクド公衆無線LAN,(YahooBBモバイル?)って、使いたい時に接続出来ないなんて、ホンマ使えねえ。
 
で、おっかけの話はまた後で。
広告

2007年11月19日

ミスドの飲茶。レンジでチン?、って家でも出来るじゃん!

Filed under: 麺類と粉もん — 代理人 @ 10:23 PM
 
代理人記録
 
普通、ミスドへ行くと、ドーナッツとかパイとかを買う。しかしミスドには飲茶メニューもあって、私は偶に汁そばとか、一時、ニュース騒ぎになった豚マンとかを食べる事がある。今回は「黒チャーハン」てのがメニューにあったので、ちょっと試しに食べてみた。
 
まずは「黒チャーハン」。ボリュームはあるが、如何にもレンジでチンしました!と言うような冷凍チャーハンのお味。何かスーパーで似たようなチャーハン売ってたような気がしないでも無いお味。
 
続いて「酸辣鶏だんご麺」。こっちはちょっと麺がやわやわ。チャーハン同様、スーパーで売ってそうな麺とスープ。まあ、ミスドだからねえ、期待する方が贅沢ちゅうもんだけど・・・。ただ、「黒チャーハン」と「酸辣鶏だんご麺」のセットで780円。この内容でこの価格はちょっとぼったくりでしょ。せいぜい580円、味的には400円程度な商品な気がするのだが・・・。

2007年11月18日

今年も1000円のお食事券GET!相変わらず旨いですねえ。

Filed under: ステーキ — 代理人 @ 8:16 PM
 
代理人記録
 
最近は西明石のホテルキャッスルプラザ内のステーキハウスに行く事が多かったが、やはり大車海老のバター焼きも捨てがたい。ってことで、一年ぶり位に姫路にある「本家かもめ屋」へ行って来た。
 
日曜日の午後12時ジャストと言うこともあり、店内、ほぼ満席。相変わらず人気が高い。個室は予約で既に押さえられていて、テーブル席も満席。どうにか座敷だけが空いていたので、そこに案内された。
 
 
まずはサラダ。毎回、上に乗っているトッピングが微妙に違う。今回はベーコンのようなサラミのようなものだった
 
 
今回、私がオーダーしたのは「大車海老バター焼とロースステーキ」のセット。何時もはヘレステーキにするのだが、ちょっとした気分でロースにしてみた。でもロースだけじゃあ、寂しかろうと、少しだけヘレ肉を分けてもらったけど・・・。
 
 
こちらが私の「ロースステーキ」。ミディアム・レアでオーダーしたので、例に寄って別皿で登場。ミディアムでオーダーすると、大海老と一緒に熱々鉄板で、ジュージューと音を立てながら運ばれて来るのだが、別皿の場合、その楽しみは無いのがちょっと寂しいかも。
 
 
写真ではちょっと判り辛いが、ちょうどエエ焼加減。ヘレも良いけど、ロースもね。ってことで、大車海老もステーキも、特製味噌ダレも相変わらず美味しかった。やっぱこのお店、結構好きですねえ。
 
 
今回の香の物は珍しい赤カブ。懐かしさもあって結構美味しかった。
 
 
毎月、月替わりのサービスがあるのだが、今月11月の月間サービスとして「ぜんざい」が付いてた。
 
 
当然、デザートかドリンクも付いている。私は何時もの如く、抹茶アイスを食べた。これも大好き。
 
 
昨年も当てたスクラッチ・カード、10月で終わってたと思っていたのだが、今年はちょっと時期が遅くて10月末からだったようだ。てなことで、ばっちしなタイミング、そして、私は昨年に続き、1000円のお食事券をGET!!!今回は5人で行ってたのだが、1000円券を当てたのは私だけ。私は「かもめ屋」とは相性が良いようだ。このクーポンを利用して、次回は伊勢海老を食べようっと!!!

2007年11月17日

北海道うまいもん大会で買った蟹づくし弁当。駅弁より旨いのは確か。

Filed under: — 代理人 @ 9:11 PM
 
代理人記録
 
イトーヨーカドー加古川店の食料品売り場で開催されていた「北海道うまいもん大会」。活きたままのたらば蟹を初め、北海道産の色んな魚介類を売っていた。しかし私の関心は、やはり北海道の新鮮なネタをふんだんに使ったお弁当。ウニやらイカやらイクラ等、色んな食材が乗った弁当が並んでいたが、その中から私が選んだのは、ズワイ蟹、タラバ蟹、毛蟹の3種類の味比べが出来る「かにづくし弁当」だろう!
 
こちらが「かにづくし弁当」の箱。って、中身とは全然関係無い。十年ほど前に行った函館の夜景を思い出させるような、函館の街並みを写真にしたパッケージだ。あの日の函館の夜景は、上がったばかりの満月が、海を照らし、それはもう美しいとしか言い様の無い幻想的な夜景だった。
 
こちらが3種の蟹の味比べが出来る「かにづくし弁当」、1890円。ボリュームも凄いが値段もそれなりに凄い。
 
まずはお馴染み「ずわい蟹」。ご飯の上に多分、腹の身をほぐした物をちりばめて、その上に脚肉を乗せたシンプルな物。味も至って普通。「ずわい蟹」じゃあ、やっぱり満足出来ないよねえ。
 
続いて「たらば蟹」。「たらば蟹」の醍醐味と言えばやはり極太の脚肉でしょ。並んでいた蟹弁当の中から一番、太い脚肉の弁当をチョイス。何せ酷い?のになったら「ずわい蟹」と同じ太さの「たらば蟹」が乗ってるのもあったからねえ。良くを言うなら、もう一本この太さの「たらば蟹」が欲しかったかなあ
 
最後は「毛蟹」。味では一番旨いと言われる「毛蟹」だけど、これだけほぐされると一体何処の身か良くわからんですね。今年は春先から毛蟹に縁があったが、個人的にはあまり「毛蟹」を美味しいと思った事が無かったなあ。今回も同じく。ホンマに北海道産の毛蟹かどうかも判らんし。
 
てなことで、値段は兎も角、楽しい蟹三種味比べだったが、鮓飯のご飯がややベチャベチャでちょっとイマイチだった。いっそ、ご飯無しの蟹だけの盛合わせの方が良かったような印象だった。

2007年11月16日

淡路屋のステーキ弁当。肉めしの方が上かも。

Filed under: 正真正銘B級グルメ — 代理人 @ 10:26 PM
 
代理人記録
 
兵庫の駅弁と言えば、「淡路屋の肉めし」が超有名。私自身の中でも過去、駅弁の中で一番良く食べた事があるのもこの「淡路屋の肉めし」だ。幼い頃、我が父に連れられて姫路の百貨店の駅弁大会で、必ずと言って良いほど買っていた駅弁でもある。この「肉めし」のちょっとエエ肉版は以前、このブログでも紹介した事がある。
 
そんな、兵庫を代表する駅弁屋の淡路屋だが、新幹線神戸駅限定でステーキがメインの「ワイン&ステーキ弁当」てのが売っていて、10年以上前に、私が東京へ行く際に西明石から新幹線に乗ったのに、わざわざ、神戸駅で下車して「神戸ワイン弁当」を買って、新幹線車内で食べた事は以前、メールで紹介した事もある。
 
ワイン&ステーキ弁当」は上にも書いたように、神戸駅限定なので、その他の淡路屋販売店では買うことが出来ないのだが、ワインの付いて無い「神戸のステーキ弁当」ってのが、駅弁大会で売っていたので、買ってみた。

こちらが「神戸のステーキ弁当」のパッケージ。お値段は1200円、駅弁としてもちょっと高い。確か「ワイン&ステーキ弁当」でも1500円ぐらいだったような・・・。

中身はこんな感じ。ご飯は「肉めし」とはまた違った「きのこご飯」。その上に神戸牛?かどうかは定かで無いが、ステーキが乗っている。肉はナナメにカットしてあるので、パッと見、分厚そうに見えるが、実際はちょっと薄い。

お肉のアップ!!!。流石に焼き立てのステーキとは比べ物にはならないが、弁当だと思えば、まあ、満足出来るレベルかな?後は、値段と、そして淡路屋名物の「肉めし」と比べてどっちを取るか?ってとこかな。私なら、普通に「肉めし」の方を薦めるけど、「肉めし」に飽きた方には、こちらの弁当もお勧めかも。

2007年11月15日

中華のカツ丼。昔、良く食べていたのと大分違うけど・・・。

Filed under: — 代理人 @ 10:05 PM
 
代理人記録
 
大阪に住んで居た頃、会社の近くにあった中華料理屋さんのメニューにカツ丼ってのがあった。所謂、世間で言う和食のカツ丼とは違い、唐揚げ風の豚カツに、中華のあんがかかった中華風のカツ丼だったのだが、これが結構旨い!その店では他にスープに入った水餃子も美味しくて、私の中ではカツ丼と水餃子をセットにして食べるのが、黄金メニューだった。
 
先日、何気なく入った王将に、限定メニュー「八宝カツ丼」ってのがあったので、昔良く食べていた中華風のカツ丼を思い出して思わず注文してしまった。
 
こちらが王将の「八宝カツ丼」。名前の如く、と言うか、名前から想像出来るように、ご飯の上に豚カツを乗せ、その上から八宝菜風の中華のあんをかけた物、簡単に言うと豚カツ入り中華丼って感じかな?豚カツも上で書いた昔食べていた豚カツとは違い、普通の豚カツに近い。後は、何時もの王将の中華丼だ。珍しいメニューに釣られて注文してしまったが、何時もの王将の味だったかな?

2007年11月14日

藤山家秘伝のすき焼き?でも関東風の味付け?

Filed under: 正真正銘B級グルメ — 代理人 @ 11:44 PM

 
代理人記録
 
イトーヨーカドーで売っている映画「象の背中」とタイアップしたとか言う「藤山家秘伝すき焼き弁当」、880円。映画の中で、藤山家が作るすき焼きを再現した物?らしい。映画「象の背中」には全然興味無いのだが、見た目が美味しそうだったので買ってみた。

こちらが、お弁当の実物。弁当の帯には映画「象の背中」の割引券が付いている。

すき焼き弁当の口上書き。そう言えば昔、結婚したての同僚やら後輩の家に遊びに行くと、たいていすき焼きをご馳走してくれたような。それぞれの家庭流のすき焼きだったなあ。ちなみに我家のすき焼きの変わり種と言えば、ジャガイモかな?肉には芋が合うのよねえ。でも世間ではすき焼きの具としては、変わった具と言われるようだが・・・。

こちらが「藤山家秘伝すき焼き弁当」。卵は流石に生では無く、温泉玉子風の半熟玉子。パッと見、すき焼きよりご飯の方が多いように見える。さて、お味。確かにすき焼きなんだけど、ちょっと醤油辛いような味付け。関西風の甘めなすき焼きじゃ無い。映画の主人公が何処の人か知らないが、これって関東風の味付けなんだろうか
 
てなことで、期間限定商品と言うことで釣られて買ってしまったけど、この手のすき焼き弁当はコンビにでも偶に売っていたりする。そちらはどちらかと言うと、関西風の甘めな味なので、個人的にはコンビニのすき焼き弁当の方が美味しかったような気がする

京都の超有名ラーメン屋のカップ麺ミニ版。

Filed under: カップ麺とインスタント麺 — 代理人 @ 10:23 PM
 
代理人記録
 
以前にも紹介した事があるが、京都で超有名なラーメン屋新福菜館」のカップ麺のミニ版が売っていたので買ってみた。「新福菜館」は、私が京都に住み始めた時に、真っ先に食べに行った、当時でも京都では超有名なラーメン屋さんだった。その後、横浜ラーメン博物館や、大阪のラーメン劇場にも出店して、全国的にメジャーになったラーメン屋さんだ。
 
以前、紹介した事があるカップ版は普通サイズだったと思うが、今回のはミニサイズ。製造は例に寄って十勝新津製麺
 
完成した「新福菜館」はこんな感じ。この店の特徴である、黒に近い色のスープを再現している。色は黒いけど、そんなに辛い事は無く、意外とさっぱりしている。久しく、本物の「新福菜館」のラーメンを食べて無いので、すっかり忘れてしまったが、カップ麺としては中々美味しい方じゃ無いかな

2007年11月13日

毛ガニの押し寿司。駅弁より美味しいのは確かだ!

Filed under: — 代理人 @ 11:49 PM
 
代理人記録
 
ヤマトヤシキ加古川店の北海道物産展イトーヨーカドーの北海道うまいもん大会でも無く、普通に売っていた「毛蟹の押し寿司」。時期的に松葉ガニの寿司が多い中、毛蟹の押し寿司ってこともあって、思わず買ってしまった。

こちらが「毛蟹の押し寿司」。毛蟹ってことで、脚肉がどかっと乗った寿司では無く、脚肉や腹の身を解した物を使った押し寿司だ。特別旨い!と唸るほどの味では無かったけど、普通に美味しい蟹の押し寿司って感じかな。まあ季節物としてはこれで十分でしょ。

駅弁シリーズ、ホンマの豚どんは帯広にあり!

Filed under: 正真正銘B級グルメ — 代理人 @ 10:53 PM
 
代理人記録
 
BSEの影響で、吉牛が豚丼を販売し始めてから、すっかり豚丼って言葉がメジャーになったが、それ以前から、北海道は帯広の名物として豚丼ってのがある。私も、デパートの北海道物産展で食べた事があるが、吉野家で売っている豚丼とは、全く違うものだ。そんな北海道帯広名物の豚どん駅弁大会で売っていたので買ってみた。

こちらが駅弁の「豚どん」。最近良くある紐を引っ張ったら温かくなる加熱式の駅弁だ。

加熱後の豚どんはこんな感じ。白いご飯の上に豚の炭火焼を並べてタレをかけたシンプルなもの。吉野家の豚丼とは全く別モンでおま。

お肉はこんな感じ。味のポイントはやっぱりタレかな?と思ったけど、まあ、普通に美味しく食べれた豚どんだった。ただお値段が1100円ってのは、いくら駅弁で、加熱式容器とは言え、ちょっと高いよねえ。吉野家の豚丼なら3杯も食べれるし・・・。せめてご飯にも味付けして欲しかったかな。
« 前のページ次のページ »

WordPress.com Blog.