義史のB型ワールド

2007年11月24日

めしやからラーメン屋に変わったけど、内装一緒?

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 8:02 PM
 
代理人記録
 
高松へ行く前にちょっと明石で腹ごしらえ。確か以前は「玄米三合」とか言う名の定食屋さんだったお店が一年ほど前にラーメン屋さんに変わった。電車からも良く見える巨大な看板なので、以前から気になっていたのだが最近は明石で下車する事も少なかったので、中々行く機会に恵まれなかったのだが、今回、ちょっと行ってみる事に。
 
お店の上にある大きな看板は、電車に乗っていても良く目に入る。効果抜群だ。
 
入口はこんな感じ。ラーメン屋の看板は新しいがお店自体は、何と無く前のマンマ?弁当お持ち帰り用の窓もあるし・・・。で、店内に入ると、案の定、店内はほぼ以前の飯屋さんのマンマテーブル席からカウンター席まで、座席自体はそのまま利用しているような気がする。もしかすると、経営母体が一緒なのかも・・・。
 
こちらがラーメン屋「一龍亭」のこだわり。色々とこだわりがある割りにはメインのラーメンが醤油ととんこつの二本立てで、どちらがメインなのか良く判らないメニュー構成になっている。一体どっちが自慢のスープなんでしょ?
 
ランチメニューは一見豊富に見えるが、基本的にはラーメン、餃子、ライスの組合せ、それにちゃーはんと、ちょっと珍しい中華海鮮丼ってのがある。ただ、餃子とラーメンとご飯のセットで、880円と、私が時々行く「八角」の同等のランチ690円と比べると、ちょっと高い。って言うか、何度も書いてるように「八角」の昼の定食メニューはやっぱコストパフォーマンスは最高でしょ。
 
醤油ラーメンにするかとんこつラーメンにするか悩んだけど、個性がありそうなとんこつをチョイス。店員曰く、標準はあっさりですが、50円プラスでこってりに出来ます、との事。こってりにするだけで、50円も取るのが許せんかったので、普通にあっさりとんこつで注文。麺は硬めでね。で運ばれて来たのが上のラーメン。見た目は割りと普通のとんこつラーメン。若干、とんこつ臭さが漂う。金龍ラーメンを代表するような関西風とんこつのような甘さは無く、かと言って、本格的な博多ラーメン風のとんこつスープでも無い。無難ちゃあ、無難な味だが、インパクトは弱い
 
テーブルの上には辛し高菜やら、ニラ唐辛子紅しょうが等も豊富に用意されている。
 
と言うことで、ニラ唐辛子を投入。これも金龍に比べると、ニラが細切れ過ぎてちょっと物足りない。味の変化だけは楽しめたけど。
 
今回は餃子ランチにした。こちらが黒豚餃子。ラーメンより先に運ばれて来たのは好感が持てる。しかも短時間の割りには焼き立て。何でこんなに早く焼けたのかな?と思いつつ、口に運ぶ。うん、餃子は中々美味しい。肉汁の染み出るちゃんとした餃子だ。
 
タレは普通のタレと味噌ダレが用意されていたので、当然?の如く、味噌ダレを使用。この味噌ダレは北京ダックを食べる時に使うようなかなり甘目の味噌ダレ。タレ自体も結構旨い。(個人的に甘目が好きだからかも知れないが)
 
てなことで、ラーメンは普通だったけど、餃子はまあまあ。でも次回訪問は無いかな?と思ってたのだが、帰り際に割引券をくれたので、また行くかも知れない。今度は、醤油ラーメンを食べてみようっと。
広告

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。