義史のB型ワールド

2007年10月23日

久々に八角でとろみこってりらーめん。以前のと変わった感じ。

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 9:51 PM
 
代理人記録
 
姫路で人気を得た頃は、八角型の店舗で、真ん中に店主が一人で切り盛りしている、どちらかと言うと小さなお店と言う印象があったラーメンチェーン店「八角」だが、明姫幹線沿い、播磨町本店が出来た頃から、店舗が巨大化。それに伴い、従来からあった店主一人の八角型のお店は次々と姿を消してしまった。それは兎も角、個人的には八角のラーメンも好き。てなことで、またもや八角・加古川店に行って来た。
 
最近、「八角」に行くのは加古川店が多い。一番近場だし、店内も綺麗だし、座席のバリエーションも豊富だし・・・。ただ八角型のカウンター席が無いのは、昔長柄の八角ファンとしてはちょっと寂しいかも。
 
近頃、「八角」へ行くと店前にも店内にも大きくPRしているのが「とろみこってりらーめん」。八角らーめんと言えば背脂たっぷりこてこてが有名だが、「とろみこってり」は背脂の塊みたいなもんが、ドかっと入っていて、まさに背脂でとろみこってりなラーメンだった。ただ前々から、「とろみこってり」と普通のラーメンを注文してコテコテにした場合との違い、値段の違い等、ちょっと疑問な点が幾つかあった。そんなこんなもあって、今回は久々に「とろみこってりらーめん」を食べることに・・・。
 
こちらが今回食べた「とろみこってりらーめん」、680円也。あれ?何か以前のと、ちょっと違うとうな・・・。スープは背脂のとろみと言うよりも、中華のあんかけ風みたいなこってりになっている。その為、あまり背脂感は無く、反対に醤油味が濃い。何時の間にか、変わってしまったのね。
 
ちなみにラーメンの器もちょっと歪んだような形のもの。最初この丼を縦に長い方を向いたまま置かれたので、そのまま食べるのかな?と思ったのだが、やはり食べにくかったので、横に置き換えた。最近、この手の変な形の丼で出すラーメン屋さんが増えて来たような。
 
醤油辛かったのと、背脂の量が少なく感じたので、途中から八角定番の天カスを投入。天カスも普通のラーメンの方が合うような感じだったけど・・・。
 
ちなみにこちらは同行した甥っ子が注文した定食の八角らーめんあっさりラーメン焼飯。流石にあっさりラーメンには背脂の姿がほとんど無い。八角で背脂抜きなんて、私には考えられない・・・。で、私もラーメンだけでは物足りないので、ちょっとだけ焼飯食べたけど、この日の焼飯は良く出来ていて美味しかった。加古川店の焼飯は中々いける
 
こちらも甥っ子の定食に付いていた餃子だが、横取りして2個ほど食べたけど、小ぶりながら美味しい餃子だった。某ラーメン屋の無料の餃子とは雲泥の差がある。何より焼き立てってのが一番のポイントよねえ。(焼き立てって当たり前なんだけど、某ラーメン屋の無料餃子は・・・)。
 
     
序でながら、餃子は味噌だれを頼んで、味噌だれで食べた。何度も書いているが、私が幼い頃に初めて食べた餃子が味噌だれだったので、どちらかと言うと餃子は味噌だれの方が好きだ。最近、味噌だれのある、ラーメン屋が増えて来たのが、ちょっと嬉しい。
 
てな感じで、久々の「とろみこってりらーめん」だったが、以前、播磨町本店で何度も食べた「とろみこってり」と大分違っていた。これが加古川店だけの問題なのか、全チェーン店でこんな風に変わったのか、定かでは無いが、今の「とろみこってり」なら、あんまり食べたいとは思わないかな?まあ、八角では普通のラーメンを頼んで背脂こってりにして食べるのが一番じゃ無いのかな?

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。