義史のB型ワールド

2007年10月21日

前回訪問から一月も経ってませんが。でもお肉旨いから・・・。

Filed under: ステーキ — 代理人 @ 11:20 PM
 
代理人記録
 
前回行って行き成りお気に入りのステーキハウスになった、西明石キャッスルプラザホテル内の「小粋」だが、東京に住んでいる甥っ子が祭りで帰省していると言うことで、再び「小粋」に行くことになった。
 
こちらが入口。レストラン「カンポフェリーチェ」と入口は共通。入って直ぐ右手に廻ると、ステーキハウス小粋」の入口になる。
 
こちらが鉄板焼のカウンター。オーナーシェフとアルバイトの女の子の二人で切り盛りしている。
 
こちらはランチメニュー。前回と同じく「ランチS」、3900円をオーダー。お肉以外は基本的にどのコースも同じ?これより安いコースはガーリックライスでは無く普通のライスかも知れないが・・・。
 
今回の前菜も「蒸し鶏」。鶏好きな甥っ子も満足な一品。中々美味しかった。
 
続いて「パイ包みのスープ」。今回は、カボチャのスープだった。
 
いよいよ、鉄板料理がスタート。まずは定番のコンニャクステーキ
 
続いて小粋の名物?、豆腐のステーキ。豆腐の上にマヨネーズとガーリックチップが乗っていて、醤油ベースのソースで食べる。シンプルながら、結構美味しい一品。
 
コンニャクや豆腐が焼かれている合間に運ばれて来たのはサラダ。上に乗っているのは芋をチップ状にしたものらしい。
 
前回にも紹介したが、このお店のオーナーシェフが色々なアクションパフォーマンスで、楽しませてくれる。料理を食べている間も、シェフの技から目が離せ無い!
 
     
こちらが今回のステーキ、国産和牛のフェレ肉のステーキだ。右側はガーリックチップを乗せてもらった後の姿。お肉は丁寧に焼かれていて、柔らかくジューシー。次回はもう一ランク上のお肉を食べてみたい気になる。
 
こちらはステーキを焼く際に出た肉汁を使って焼かれた極細のパスタとモヤシ。ちょっと変わった焼そば感覚で、中々美味しい。
 
 
ステーキを食べた後のお楽しみは何と言ってもガーリックライス。普通の焼飯とはちょっと違った味わいがある。これだけでも食べたくなる一品だ。
 
     
最期はデザートとドリンクで〆。前回の訪問から一ヶ月と経っていなかったが、この日も大変満足の行くステーキだった。何と言っても、他のステーキハウスだと、シェフが沢山いて中々店長クラスのシェフに焼いて貰えない事が多いが、今のところ小粋のキャッスルプラザ店はオーナーシェフが担当しているようで、安心してお店に行くことが出来る。やっぱ、お肉は焼く人の腕が大事だからねえ。でひまた行きたいなと思うお店なのであった。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。