義史のB型ワールド

2007年10月8日

リンガーハットのカップ版長崎ちゃんぽん。まあ、普通。

Filed under: カップ麺とインスタント麺 — 代理人 @ 8:27 PM
 
代理人記録
 
ここのブログでも時々紹介しているが、私は大阪・中央軒の皿うどんと、長崎ちゃんぽんが好きだ。ただ、以前、土山インターの直ぐそばにあった「長崎ちゃんめん」の長崎ちゃんぽんも好きだった。中央軒が本格的な長崎ちゃんぽんだったのに対し(ただ大阪風にアレンジされていると言う話もあるが)、「長崎ちゃんめん」のちゃんぽんは、若干、安めの具がちょっとしょぼいチャンポンだったような印象。「長崎ちゃんめん」土山店は無くなってしまったが、「長崎ちゃんめん」のライバルと言えば、低価格な路線で、街中に店を展開している「リンガーハット」。その「リンガーハット」のカップ版・長崎ちゃんぽんが発売されたので、買ってみた。
 
こちらが「リンガーハット」のカップ版、長崎ちゃんぽん。「リンガーハット」と言っても製造・販売はエースコックなので、純粋にはエースコックのカップ版長崎ちゃんぽん?なのかも。
 
かやくの袋が二つ入ってるのは、今時のエコ化時代の事を考えると、一つに出来なかったんかいな?と思ってしまう。液体スープと調味油は、別々でもしゃあ無いかなってとこか。
 
こちらが完成した「リンガーハットカップ版長崎ちゃんぽん。カップヌードルに入ってる海老に限りなく近い乾燥海老が入っているのが、ちょっと嬉しい。全体的な味は、「リンガーハット」のお店のチャンポン同様、安っぽい味だったかな・・・。そう言う意味では、お店の味を見事に再現している?嫌、あくまで、私の意見ですが・・・。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.