義史のB型ワールド

2007年10月6日

CoCo壱だけど、1200円もするデラックスカレー!味は・・・、うーん?

Filed under: カレー — 代理人 @ 12:51 AM
 
代理人記録
 
このブログでも何度も登場しているが、京都在住時代にほぼ全メニューを制覇したCoCo壱番のカレー屋さんであるが、その後も色々メニューが増えたり、季節限定メニューが登場したりと、色々と工夫を凝らしている。そんな事もあって、出張の際とか仕事の合間に今でも良く利用しているのだが、最近になってマクド等のファーストフードチェーンの真似をして、安いカレーだけでは無く(CoCo壱が安いかどうかは微妙だが、素のカレーだけだと400円なので、一応安い部類に入ると思う)、一部、新型店舗では何と、1200円もするカレーを提供している。
 
この辺り(播州地方)で新型店舗と言えば、加古川店や高砂店より一足先にオープンした姫路店だ。十数年前、管理人さん一家と一緒に、はるばる食べに行ったあの姫路文化センター近くのあのお店だ。
 
こちらが、CoCo壱、新型店舗限定メニューのデラックスカレーの紹介メニュー。ビーフとポークの二つあるが、両方ともお値段は1200円也。高ああ・・・・。ビーフはオーストラリア産で、ポークは鹿児島産黒豚使用?だったかな?
 
ビーフかポークか悩んだけど、やはり肉好きな私なので、ビーフカレーをオーダー。レギュラーメニューと違い、ご飯の量はグラム指定出来なくて、大盛、普通、小盛の三種類からしか選べないらしい。ただ大盛でも値段は一緒と言うことなので、大盛で注文。でもメニューを読むと、大盛でもご飯の量は300g。これって、普通のカレーのご飯の量じゃん!全然、大盛ちゃうやん!と思いつつ、カレーが運ばれて来るのを待つ。
 
こちらが「デラックスカレー、ビーフソース」。メニューの写真のように、カレーソース用の器に入れられて運ばれて来た。スプーンですくってみると、中にお肉がゴロゴロ入ってる。流石、1200円だけの事はある・・・?
 
自分でご飯の上に掛けた状態が上の写真。確かにお肉はゴロゴロしてる
 
肉は大きめサイズの塊が、結構な量で入っていたのだが、いかんせん、オージービーフってこともあり、味的にイマイチ。肉の味はあまり無いし、かと言ってカレーソースに煮込まれた・・・、ようでも無い。それに加え、カレーソースも至って普通。デラックスな濃くや深みはあまり感じられない。そう言えばCoCo壱のカレーってベースはポークカレーで、レギュラーメニューにあるビーフカレーってあまり美味しく無かったのだ。そう、CoCo壱のビーフカレーはあまり美味しく無い・・・、と言う定説がそのままデラックスになっても生きているようだ。
 
てなことで1200円した割には・・・・、まあ、チェーン店のカレー屋さんで多くを期待する方が間違っているのだが、やっぱり高いような気がする。お肉の量を思えば、若者やお子様達には喜ばれるかも知れないが、量より質を望む、我々の年代になると、このレベルじゃせいぜい、1000円までの価値しか無いかな。やっぱ、CoCo壱では素直にレギュラーなポークカレーを食べるのが、無難な選択だ
広告

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。