義史のB型ワールド

2007年9月28日

ステーキ屋のカレー。でも肝心の肉の味が・・・。

Filed under: カレー — 代理人 @ 11:05 PM
 
代理人記録
 
北新地のステーキ屋でカレーを食べよう!シリーズ?、梅田方面から北新地へ行くと、必ずと言って良いほど目の前を通るビフテキ屋さんがある。お店の名前は「小松屋」。北新地でも老舗のステーキ屋さんらしく風格のある佇まい。そのビフテキ屋さんが、ランチタイムに出すビーフカツカレーが時々、TVで紹介されていたので、前々から行ってみたいと思っていたのだった。
 
こちらがお店の様子。北新地の北側入口?と言うか、2国沿いにある。
 
こちらは「小松屋」の入口前にある、ビフテキの看板。
 
小松屋」のランチメニューはこんな感じ。今回はビーフカツカレーが目当てだったのだが、ビフカツコースとか、牛肉と玉葱ソテーコース、ってのも気になる。でもステーキランチは無さそうな・・・。
 
こちらが今回食べた「カツカレー」、1000円也。上にも書いたように、ビフテキ屋さんなのえ、カツはビーフカツだ。しかし、このビーフカツの肉厚が物凄く薄い。かつめしのビフカツの肉も叩いて薄く引き延ばすのが、定番なのだが、何かそれに近い感じ。しかも、この肉が美味しく無い。っていうか、肉の旨みじゃ無く、臭みがあるようなお肉。とてもステーキ屋さんのお肉だとは信じ難いようなレベル。じゃあ、カレーの味は?って事になるのだが、こちらも薀蓄ほどの濃くや辛さは無い。印象は平凡なカレー。これじゃあ、CoCo壱のカレーの方がよっぽどマシじゃ無いの?と思える位。
 
期待し過ぎってのもあるのだろうが、それにしても、肉質悪いしカレーの味もイマイチ。一緒に行った同行者も不満タラタラ・・・。嫌あ、大失敗のカツカレーだった。(偶々、その日が外れだったのかも知れないが・・・。)
 
そう言えば、曽根崎新地入口のとこに「小松屋」と言うカレーショップがあったなあ。確かビフカツ屋と経営母体は同じじゃ無かったかな?あそこのカレーも数年前に一度食べたけど、私の好みの味じゃ無かった。ってことで、基本的に私は「小松屋」のカレーとは相性が悪いようだ。まあ、カレー食べるなら無難にインディアン・カレーってとこかな?

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。