義史のB型ワールド

2007年9月22日

フォアグラの入った親子丼。全体的に味が上品過ぎ?

Filed under: — 代理人 @ 8:40 PM
 
代理人記録
 
北新地でランチシリーズ、今回は、ステーキでもカレーでも無く親子丼。北新地の高級な和食屋さんで昼にリーズナブルな値段で親子丼を出しているお店が何軒かあるのだが、今回チョイスしたのは高級なお店では無く、親子丼とつみれ鍋が名物の「うのあん」と言うお店。基本的には鶏肉料理のお店
 
こちらが「うのあん北新地店の入口。お店は地下にあるので、ここから階段を降りて行く。するとそこには、ちょっと高級感漂う、日本料理風のお店がある。お店のスタッフはおねえちゃん方はみんな着物だし、男性スタッフは和食料理人の様相。雰囲気&接客は二重丸でおま。
 
こちらが今回食べた「特製 地鶏の親子丼」、1260円也普通の親子丼も800円ぐらいであるのだが、次回、何時訪問出来るかどうか判らないので、ここは奮発して、特製をオーダー。何が特製かと言うと、普通の地鶏の親子丼にミニフォアグラと手羽先のトッピングが追加されている。
 
左上の小さな塊がミニフォアグラ親指ぐらいの大きさ。もうちょっと大きいサイズを期待してたのだが、ホンマにミニサイズ。中央右手に見えるのは手羽先。こちらは柔らかく煮込まれていて、箸で摘むと骨と肉が簡単に解れて行く。こちらは結構な量があった。で、お味。やはり一番のポイントとなる、ベースのお出汁の味が、かなり上品な味と言うのか、私には少し物足りない味。地鶏は歯応えもあり、そこそこ美味しかったが、ミニフォアグラは一口で終わってしまってやっぱり物足りない。明姫幹線沿いのステーキハウスで食べるフォアグラの方が遥かに旨いぞ
 
こちらは100円プラスで頂ける、つみれ汁。このお店の看板メニューがつみれ鍋なのだが、確かにお出汁は美味しい。親子丼のベースもこのお出汁なのかどうかは定かでは無いが、このお出汁は旨かった。ぜひ今度はつみれ鍋を食べてみたいと思わせる味だった。
 
てな感じで、ちょっと奮発しての特製親子丼だったけど、値段の割りに・・・、と言うような印象。でもつみれ汁は美味しかったから、次回はぜひつみれ鍋を食べに来たいと思う。親子丼は・・・、他の和食の店に行こうっと!
広告

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。