義史のB型ワールド

2007年9月12日

久々に北新地でランチ。今回は魔法のランチ!?

Filed under: ステーキ — 代理人 @ 11:03 PM
 
代理人記録
 
昨年から時々、北新地のステーキ屋さんのカレーを食べよう!と何度かチャレンジしていたのだが、最近、ランチタイムに梅田近辺に居る事が無く、全く持ってその機会を失っていたのだった。だが、先日、ちょっとした訳で久々に北新地でランチを食べる事に。偶然にもそのちょっと前に、TVで紹介されていた「ステーキとカレー」のランチを覚えていたので、その店に行ってみる事に。
 
こちらがそのお店。ステーキとしゃぶしゃぶのお店京松」だが、1Fはカジュアルなステーキ屋さんになっている。ちなみにこの場所は、全日空ホテルの近くで、私が北新地でランチを食べる時は、この周辺が多い。多分、北新地本通りからちょっと離れているので、こう言ったサービスをしないと、足を運んでくれないのだろう。
 
 
こちらがランチタイムのメニュー。今回の目当ては右上にある「魔法のランチ」だが、テーキランチでも800円から用意されているので、北新地のステーキ屋さんとしては頑張ってる方なんだろう。
 
 
ちなみにこちらがちょっと前のテレビで紹介されていた「魔法のランチ」。このお店自慢のビーフカレーミニヘレステーキがセットになって950円と言うお得なランチセットなのだ。
 
 
こちらが実物の「魔法のランチ」。昼限定20食なので、早めの午前11時半前にお店に行ったのだが、既に先客があり、みんなこのランチを注文している。ちなみにメニューには「1600円相当」と書いてあった。テレビでは「950円ではほとんど儲けはありません!」と言ってたので、原価は800円ぐらい?それが普段は1600円で販売?(普段はメニューに無いが)。そう考えると、原価率は半分位。やっぱ食べもん屋さんは、結構、ぼったくってる?
 
 
ミニヘレステーキは80g。当然、オージービーフ・・・。この店のブログで、時々、和牛だと思って食べに来る客が居るそうだが、この値段で和牛は無いでしょ!と書かれていた。ちなみに和牛ステーキだと150gで7000円ぐらい?だったかな?だが、このオージービーフ、柔かで案外旨い。周りの客の手前、ステーキの切り口の写真が撮れなかったのだが、ミディアムレア風で、柔かジューシー。流石に老舗のステーキ屋さん、安い肉を美味しく焼く技を持っているのかな?この味なら、オージービーフでも十分な気もする
 
 
こちらはライスにかけたカレー。ステーキがセットになっているのだが、カレーの中にもゴロゴロと肉が入っていた。この店はセイロンカレーが自慢らしいのだが、セットになっているのはビーフカレーになっている。その違いは良く判らないが、このカレー、結構、酸味が強い。もっと欧風ビーフカレーを想像していたのだが、酸味強すぎで、私好みのカレーの味じゃ無い。ちょっと期待外れだったかも。
 
てな感じで、ステーキとカレーがセットになって950円だし、接客も中々良かったので、総合的には十分満足出来たのだが、かなり重要なカレーの味が、私好みの味じゃ無かったのが、残念。今度はもうちょっとはりこんでステーキでも食べてみるかな?嫌、まだまだ北新地で行ってみたい店があるので、次にこの店を訪れるのは数年後かも。 

WordPress.com Blog.