義史のB型ワールド

2007年8月28日

焼肉屋だけど、牛寿司目当てに行って来た。牛大トロ寿司、中々うま~!

Filed under: 焼肉、その他の肉料理 — 代理人 @ 11:13 PM
 
代理人記録
 
明姫沿いにある京都王将・東加古川店が改装する前に隣にあった焼肉屋「籠屋八兵衛」が、王将の改装と共に姿を消し、その後、明姫沿いの曽根近くにあった蕎麦とうどんの店「サガミ」の跡地に、移転オープンしたのが昨年頃の話。所詮、チェーン店の焼肉屋だし「籠屋八兵衛」ってこともあり、あまり関心は無かったのだが、ちょっと前の新聞折込チラシに「大トロぐる巻寿司」3貫、1500円相当が無料になると言う券が付いていたので、焼肉よりお寿司目当てで行ってみた。

こちらが焼肉以外のメニュー。お寿司だけでも三種類もある。当然!全て牛肉のお寿司だ!
 
     
こちらが今回、無料サービスとなった「大トロぐる巻寿司」。通常価格は1500円なので、一貫、500円也。写真では判り辛いが、ご飯がお肉でぐるっと巻かれている。見た目的にも中々のもので、お口の中に入れても期待通り、とても柔らかくて中々旨い。来た甲斐があったと言うものだ。
 
     
続いて注文した牛寿司は「牛一頭に付き300gしか取れない稀少部位を使った炙り寿司」と言う「特選牛ミスジの炙り寿司」、1800円を注文。ミスジって中々食べれ無いのよね。それをお寿司で頂こうを言うのだから、結構大胆。当然、数量限定メニューでもあったので、無料では無くても食べてみたかったのだった。
 
運ばれて来た「特選牛ミスジの炙り寿司」は「生のままでも食べれる」らしいのだが、一応、炙り寿司になっているので、炙りでと、お願いすると、目の前でバーナーで炙ってくれた
 
     
こちらが炙られた「特選牛ミスジの炙り寿司」。確かにお肉だけでも美味しそう。で、そのお味は・・・。うーん、ちょっと生肉っぽさが残ってる。(って、当たり前なんだが・・・)。確かに牛握りとしては美味しいのだが、値段と講釈ほどの味では無かったかな?と言う印象。先の「大トロぐる巻寿司」の方が美味しかったかも。
 
     
こうなったら残る一品も序に・・・、てなことで注文したのが、こちらの「和牛握り」、1200円也。見た目は霜降り風なんだけど、何か、作り物みたいな感じにも見えなくも無い。食べる順番が最期になったせいもあり、味的にも普通。この寿司はやっぱり、どうでも良かったかな?
 
てなことで、焼肉屋で、食べた牛握り寿司だったが、焼肉を食べなかったわけでは無い。この日、食べた焼肉メニューは後半に続く!のだった・・・。 
 

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。