義史のB型ワールド

2007年7月29日

姫路で人気のずんどう屋が駅地下に支店オープン!こんなんだったっけ?

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 10:37 PM
 
代理人記録
 
姫路で一部のラーメンファンの間で人気があるのが「ずんどう屋」。2国東向きの道沿いにあり、車で無いと行けないとが、ちょっと難点。近くには、こちらも姫路では断トツの人気、そして、兵庫県内はともかく、県外にも進出して会社更生法の適用を受けた「希望軒」の本店の近くにある。その人気の「ずんどう屋」が姫路駅前の地下街に支店をオープンしたと言うので行ってみた。
 
     
こちらが、姫路駅前地下に出来たお店。最初に場所を知った時に何と無く思ったのだが、この場所は以前、カレー屋「正栄軒」があった場所だ。「正栄軒」と言えばカレーがメインだが、サイドメニューにはラーメン等もあり、ランチにはカレーとラーメンがセットになったものもあって、私のお気に入りのお店の一つでもあった。ただ、ラーメンの味はイマイチで、どちらかと言うとやはりカレーが美味しかった。まだ食べた事が無い、石焼カレーを食べに行こうと思っていた矢先、お店が無くなってしまったと言うわけだ。風の噂でメニューからラーメンが消えたと聞いていたので、何と無く不安な気持ちは抱いていたのだが・・・。
 
ちなみに今回はホットペッパー餃子無料券が付いていたので、その券を持って行ってたのだが、姫路駅前で、ずんどう屋のチラシ?を配っていて、それを持って行くと餃子が無料になると言うので、そちらを利用する事に。やっぱ、知名度を上げる為には何らかのサービスって重要よね。
 
     
こちらが「ずんどう屋」姫路駅前地下店のメニュー。基本的には本店と似ていると思うが、駅前店限定の白菜とゆず入りの魚介系あっさり味の「和風ゆずそば」ってのも気になる。今回は、「ずんどう屋」が久々だった事と、駅前店は初めてだったので、素直に「元味らーめん600円を注文。
 
こちらが「ずんどう屋、元味らーめん」、細麺ストレート、背脂こってりで注文。何か「ずんどう屋本店」の印象とは違い、凄く豚骨ラーメンに近い印象が。実際にスープを飲んでみても、背脂増量にしたせいもあってかなりこってりの、本格的な豚骨スープだった。本店で何度も食べたけど、もうちょっと醤油味もあったと言う印象だったのだが、ちょっと違う?と言う気がした。ちなみに本店ではチャーシューを炙ってから乗せて居たのだが、チャーシューも炙った様子は無かったような・・・。ちなみにカウンターの上に辛みそがあったので、ちょっと入れたが、ややピリ辛になって結構好きな味になったかも。
 
こちらが無料の餃子正規価格は300円だから、結構お得。普通、ラーメンの後に運ばれて来る事が多いが、時間は掛かったものの、先に餃子が運ばれて来て、その後ラーメンが来ると言う理想的な展開。しかも、某高砂に出来た、無料餃子券のお店の焼き置き餃子と違い、小ぶりながら、焼き立てパリパリ餃子で、中々旨い。やっぱ、餃子はこうで無ければねえ。これが無料なんだから、また行ってみたい気にさせるよねえ。某餃子無料券の店とは雲泥の差があるような気がする。
 
こちらは食べ放題の高菜紅生姜も置いてあったし、何か、本格的な九州豚骨ラーメン屋っぽい感じになっていたような気がする。本来の「ずんどう屋」がこんなんだったか、思えば一年以上、「ずんどう屋」本店に行って無いので、定かでは無いが、「ずんどう屋」好きの管理人さん一家にも、ぜひ一度、駅前店に行って欲しいものだ。
 
ちなみにお店は結構、狭くてカウンターとかテーブルもやや窮屈。その辺りの印象も本店とはかなり違う事は覚悟しておいた方がエエかも。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。