義史のB型ワールド

2007年7月27日

大とろを求めて西神のホテルへ・・・。大とろはいずこへ・・・。

Filed under: グルメ — 代理人 @ 11:44 PM
 
代理人記録
 
大トロが食べたい!西神中央のホテルで、まぐろの解体ショーやってるで~!美味しい大トロが食べれるで~!、てな事で、西神オリエンタルホテルディナーバイキングに行って来た。
 
こちらが西神オリエンタルホテル。加古川バイパス経由で行くと、40分も掛からないで到着。ディナータイムにはちょっと早く着いちゃいました。
 
     
こちらがホテル入って正面にある、ディナーバイキングの会場でもあるオープンなレストラン。
 
ディナーバイキングコーナーはこんな感じ。一番の名物はやはりステーキ。料理はイタリアンから中華からサラダにケーキにお鮨に、おでんやら鱧すきやら、とにかく、ありとあらゆる料理が用意されていると言う感じ。とても全料理を食べつくす事は不可能だ。
 
そして、この日のメイン、まぐろ解体ショーの始まり!まぐろはやや小ぶり。まぐろ解体ショーと言えば、今年の正月の和歌山旅行の際も、あるいは、3月の和歌山出張の際にも、黒潮市場やとれとれ市場でやって居たけど、食べる方にしか関心が無く、ほとんど見なかったのだが、今回は、解体後の大トロ狙いで、解体ショーの最前線に陣取る。
 
まぐろを解体する料理長曰く、まだ時期的にちょっと早くて脂の乗りは悪いとの事。ちょっと残念?
 
向う側に置かれた部分が大トロの部分。その行方が気になるのだが・・・。
 
解体されたまぐろはすぐさま、刺身と握り鮨に変身!その鮨コーナーの最前列で、大とろを狙っているのは、どこかで見た姿・・・、って代理人の叔父・叔母であります!
 
こちらは叔母が、刺身コーナーの最前列で、盛り合わせにしてもらったまぐろの刺身。通常は三切れほどを小皿に盛って一人ずつ渡されるのだが、叔母がダダをこねて6人分を大皿に盛ってもらったのだった。流石、年寄のパワーには感服いたしました。でも・・・・、大トロは何処へ・・・。良く言えば中トロとも言えなくも無いが、個人的には限りなく赤身に近かったかな?まあ鮮度は文句無しだったけど。
 
刺身とお鮨がひと段落した後、中落ちを使ったまぐろ丼が登場。鮨を食べてる時はバタバタしてたので、写真を撮るのを忘れてしまったのだが、鮨の握りはミニサイズ。まぐろ丼もご覧の通り、ご飯は小盛り。でもこの丼が一番美味しかったような・・・。まあ、丼に中落ちは定番と言えば定番かも。
 
最期の方に登場したのはマグロのカルパッチョ。この頃は、満腹状態に近かったので、取り合えず味見をしたって感じだったかな。この後、マグロの兜焼きもあったのだが、90分の時間制限もあったのと、既にお腹一杯だったので兜焼きは食べずにディナーバイキング会場を後にしたのだった。
 
大トロを求めて、まぐろ解体ショーのある日を態々選んで行ったのだが、やっぱこう言う場所で大トロを食べるのは難しいねえ。まあ、お客さん全員に万遍無く行渡るようにするってのがホテル側の心配りだから仕方無いか。
 
まぐろ以外の料理は、後半に続くのだった。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。