義史のB型ワールド

2007年7月24日

とんかつとステーキのセット。メニューは楽しいのだけど、値段がね。

Filed under: ステーキ — 代理人 @ 11:55 PM

 
代理人記録
 
2、3年前だろうか、伊保のダイソーの近くに「和風ステーキとカツ」のお店「マルミ屋」ってのがオープンした。個人的にはどちらも大好きな料理なんだけど、ちょっと安っぽい外見と、何でも屋さん的なお店じゃ無いの?と言う意見もあり全く行く機会に恵まれなかったのだが、先日、この近くに行った事もありちょこっと寄ってみた。
 
こちらがそのお店。お店自体は地味だが、メニューや値段が書かれた看板は結構多目に飾られているので、飲食店である事は直ぐに気が付くかな?ただ今一つ、入ってみたい!と思わせるような、目を引く看板が無いのが、印象を薄くしているのかもしれない。
 
 
お店の周りの多くの看板以外にも、店の入口にはランチメニューが書かれてある。夏季限定メニューで「かつカレーうどん」ってのもあって、色々と悩ましいメニューだ。
 
中へ入ってみると、意外に広い店内。しかし客は誰も居ない。思いっ切りランチタイムなんだが、客は居ない。まあ、それは入る前から駐車場の状態を見れば判ってたことなんだけど。で、次に驚くのがメニューの豊富さ。内容からすると、ランチ用のメニューのようだが、ランチメニューだけでも結構な数がある。ステーキに、とんかつにハンバーグにジャンボ海老フライ、果ては、かつめしに、カツ丼にカレーうどんに、かつ茶漬け?ってのまである。
一体何屋さん?ってな気がしないでも無いが、とりあえず、看板でもある、「ステーキ&カツ」がセットになった「ダブルランチ」1280円ってのを注文。
 
最初に運ばれて来たのはサラダとスープ。それにステーキ用のソース。サラダとスープは極々普通。
 
こちらがメインの「ステーキ&カツ」のセット。ステーキはお店で焼いたのでは無く、熱々に熱したステーキ皿に、生肉が盛られていて、自分の好きな焼き加減で食べるスタイル大阪の1000円のステーキランチに良くあるスタイルだ。写真撮ってるとお肉が焼け過ぎになってしまうので、先にお肉を裏返してから写真撮影・・・。
 
お肉の焼き加減はこんな感じ。鉄板で自分で焼くスタイルの場合、これ以上、焼きたく無いと思っても火を消す訳にいかないので、焼けたお肉は野菜の上に退避させながら、食べごろのお肉を口に運ぶ。ちょっと歯応えのしっかりしたお肉かな?ソースもこれと言った特徴の無いソース。総合的には平均的なステーキだったかな?
対してとんかつの方は、お肉も柔らかくて好印象。今回の印象ではとんかつの方がオススメかな?
 
セットなんでこれにライスが付き、また食後はセルフでコーヒーの無料サービスもある。難点はやっぱり値段かな?今回食べたメニューは、少々高くても納得行くが、ハンバーグランチも1280円とんかつランチでも980円ぐらいだったかな?相対的に値段は高めのお店だ。それだけのこだわりがあるのだろうが、ちょっと中身が着いて来て無いような印象だ。
 
それでもかつめしとかカレーうどんとか、気になるメニューがあるので、また機会があればチャレンジしてみよう。
それまでお店の方が持ってるかどうかの方が心配だが・・・。

WordPress.com Blog.