義史のB型ワールド

2007年7月6日

いろはシリーズ第3弾!ごっついとんかつのカツ丼。ただ、肝心の出汁と卵が・・・。

Filed under: — 代理人 @ 11:42 PM
 
代理人記録
 
ある日のランチタイム、ふとカツ丼が食べたーい気分になったのだが、近くで美味しいカツ丼が食べれるような店が無い。で、ふと思いついたのが、最近時々行っているサンモール西側にある「いろは」のテイクアウトのカツ丼。値段も手頃だし、カツは注文後に揚げてくれるし・・・、ってことで、買ってみた。
 
もうすっかりお馴染みになった「いろは」の包装紙。実は普通のカツ丼を買おうと思っていったのだが、何と豚カツ自体が売り切れで、カツ丼が出来ないとの事。でも大きなサイズの豚カツ(通称ごっついカツ)のカツ丼なら出来ると言う。ごっついカツは、以前に「かつめし」で食べた事があったので、あんな量は要らんなあと思いつつも、それでもカツ丼が食べたい!一心で、仕方なしに「ごっついカツのカツ丼」?を注文。
 
こちらがテイクアウトした「ごっついカツのカツ丼」、お値段は540円也。メニューにはトロトロ卵のカツ丼と書かれていたのだが、どう見ても、しっかりと火が通った卵にしか見えない。持ち帰り時間は2分程度なので、その間に固まったとも考え難い?カツ丼の出汁は、かなりあっさり味。健康的なお味と言えば聞こえが良いが、個人的には全く持って物足りない薄味のタレだ。
 
ごっついカツはサイズこそデカイが、肉厚とかジューシー感はイマイチ。やはり値段也ってとこかな?
カツ丼って簡単そうに見えて、実は中々奥深い料理かも知れないな、とふと思った午後のひと時だった・・・。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.