義史のB型ワールド

2007年6月29日

久々のお鮨。外観と違ってこじんまりとしたお店だった。

Filed under: — 代理人 @ 2:26 AM
 
代理人記録
 
とある平日のランチタイム、お食事のお誘いがあり出掛ける事に。前々から気になっていた、加古川河原にある、ちょっと隠れ家的なフレンチの店に行ってみると・・・。定休日。当てが外れたので、どうしよう?ってことになり、じゃあ、私が鮨がエエ!と決めて加古川市役所近くの「与多呂」に行くとこちらも定休日。こうなったら、西明石のホテルにでも行くか!と車を走らせてると偶々、信号待ちで停まった目の前に鮨屋が・・・・。何か鮨が食べたくなっていたし、この店も前から気になっていたので、入ってみることに・・・。
 
こちらがそのお店「とた半 勘ぱち」。ヤマダ電機加古川店の正面の道を北へ真直ぐ上がった東側にあるお店だ。
 
外から見ると、結構、大きなお店に見えたが、店内は想像よりは狭い。座敷が3部屋、奥にも広間がありそうだったが、カウンター席は以外と狭く、8人程度しか座れない感じ。しかも昼間は夫婦だけで営業しているようで、外から見る印象とはかなり違う。お昼用のメニューは無く、昼夜一緒の古びたメニュー表から、定番の「特上にぎり」を注文。特上の上に極・・・何とかってのもあったけど値段が高そうだったので却下。
 
こちらが「特上にぎり」3000円也。(別途サービス料必要)。私の期待の大トロは無く、短冊の向うに少しだけ見えるのはマグロ赤身。ちょっと寂しい気持ちになったが、車海老は生簀からあげた直後なので、身もプリプリ。尾っぽだけになってもプルプル動いてた。その他、鱧のにぎりとか、夏かれい?だった?みたいな季節物もあって、そこそこ美味しかった。そうそう、これに赤出汁も付いてました。
 
てなことで、以前から何度も前は通った事があり気にはなっていたが、そんなに悪くは無い感じ。今度は天麩羅とか、何かそんな系の料理を食べてみたいかな。

2件のコメント

  1. 代理人さん、魚より肉が好きなのに、自分からすし屋を選択するとは珍しいね。しかもトロじゃないし。歳とって好みが変わってきたかな。何にしろ体にはええかな。

    コメント by 30番 — 2007年6月29日 @ 12:54 PM

  2. ブログに書いたように最初はお肉を食べにフレンチの店に・・・。その店が定休日だったので、大トロでもエエかと、与多呂へ行く事に。
    だけど与多呂もお休み。てなことで、半分投げやり状態になっている時に、たまたまこの店の前に停まったのだった。
    前々からお店の存在は知っていたし、もしかしたらエエ、大トロに出会えるかも?と言う期待があったのだが・・・。
    きっと、5000円以上のセットを食べると大トロが付いて来るんじゃ無いかな?

    コメント by 義史 — 2007年6月29日 @ 10:02 PM


RSS feed for comments on this post.

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。