義史のB型ワールド

2007年6月12日

久々の将棋屋。今年も鰻の季節が近づいて来ましたね。

Filed under: — 代理人 @ 9:32 PM
 
代理人記録
 
今年も暑い日がじわじわとやって来て、鰻の季節が近づいて来ましたねえ。てなことで、一足早く、鰻重食べに将棋屋本店へ行って来た。一年前くらいに、このブログで紹介した別府にある老舗の鰻屋さんだ。
 
日にも寄るのだが、結構流行っているので、行く時は必ず事前に電話予約するようにしている。偶に満席やら、鰻が無くなったとかで入れない時があるので、予約した方が確実なのだ。何より、駐車場が狭いので、お客さんが多いと車が停めれないのだ。この日も団体客があって、駐車場が一杯だったのだが、運良く先客が出て来て車を停める事が出来た。
 
こちらが「将棋屋本店」の「鰻重」。ランチタイムは「鰻重」しか無いと思っていたのだが「蒲焼定食」ってのもあるらしい。「将棋屋本店」に10年以上通っているが、「蒲焼定食」があると聞いたのは初耳だなあ。まあ、夜メニューにあるのは以前、メニュー表を貰ってみたことがあるのだが・・・。
 
こちらが「鰻重」。何か盛り付け方が昨年までとちょっと変わってる。偶々なのか、職人さんが変わってこう言うスタイルになったのか・・・。写真で見るとちょっと焼け過ぎのように見えるが、実際はそんな事も無く、身も分厚くて相変わらずの美味しさだった。ちなみに、タレはちょっと少なめ。以前は自分で好きなだけ足せるようにタレだけ別の器で用意されていたのだが、最近は、お願いしないと持って来てくれなくなってしまった・・・。
 
こちらは肝吸い。こちらも美味しい。ちなみにビールを頼むと骨煎餅が付いて来てたのだが、最近はビールが頼めないご時勢になったので、骨煎餅もご無沙汰だ。まあ、骨煎餅はあんまり好きじゃ無いからどうでもエエのだけど。
 
最期に、「将棋屋本店」と言えば、年季の入った昭和初期の香り漂う建物なのだが、一室だけ洋風の部屋がある。腰の悪い叔母御用達の部屋なのだが、この部屋も電話で予約しないと中々空いて無い。この日も使用中ってことで断られてたのだが、我々が着いて暫くしたら、先客がお帰りになったと言うことで、この部屋に移させていただいた。中々、客への思いやりを大事にするお店だ。感心感心!!!
 
てなことで、昨年の土用の丑の日以来の「将棋屋」だったが、また今年の土用の丑の日にも行こうっと!

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.