義史のB型ワールド

2007年6月8日

大阪らーめん!付いてるのはたこ焼きではありません!

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 11:09 PM
 
代理人記録
 
もう何度も書いてるので、気が惹けるけど、風前の灯感漂う明石ラーメン波止場の中で、比較的話題性のあるラーメン屋さんがオープンしている。大阪に旨いご当地ラーメンを!!』という熱い思いから生まれた」と言うその名も「大阪盛(だいはんじょう)らーめん」だ。確か、大阪のラーメン屋の主人数人が集まって作り上げたラーメンじゃ無かったかな?とりあえず話題性十分ってことで、先日様子見で行って来た。
 
     
ただ、そんな話題性を知ってるのは一部のラーメン好きしか居ないのか、ランチタイム真っ盛りの時間帯にも関わらず、全く客が入って無い。あまりにも寂しすぎる~!!!ちなみに、このラーメン屋のプロデュースの一人に、以前、この場所で「ガチンコラーメン道 柊」をやって居た人らしい。って、もしかしてラーメン屋の看板を変えただけ?
 
こちらが「大阪盛(だいはんじょう)らーめん」、初陣、700円也。メニューは他に「春の陣」とか「夏の陣」とかあったのだが、とりあえず、一番シンプルそうなメニューを選択。たこ焼きみたいなのが付いてるが、器もそれようにちょっと変わっているのでインパクトは大きい。
 
     
パッと見たら、ハーフサイズ?って思ったぐらいだけど、器が意外と深く、とりあえず一人前の量はあった。右側が、大阪盛らーめんの最大の特徴であり、売りでもある「繁盛丸」だ。一見、たこ焼きに見えるが、店員のねえちゃん曰く、たこ焼きではありませんので、決して、そのままでは食べないで下さい!との事。
 
こちらが「繁盛丸」の食べ方。ちなみに「繁盛丸」は4種類の味があったのだが、今回は普通に「醤油味」にした。スープに入れてちょっとずつ崩しながらスープに溶かすようにして食べると、それに応じてスープの味は変化して行くと言う代物だ。
 
初陣」は塩ベースのスープ。そのまま食べると結構、あっさり。ただ具にモヤシや白菜が入っていて、結構ごちゃごちゃしている。まさに大阪風?そこに「繁盛丸」を入れて潰して行くと、中から醤油ダレがじわじわと出て来て、スープがどんどんと醤油辛くなって行く。っていうか、最期の方は醤油辛くてスープ飲めんくらいになってしまった。ちょっと辛すぎるんとちゃう?
 
ちなみに+300円出せば、セットメニューになるってことで、何と無く食べたくなった「カレーチャーハン」をセットで頼んでみた。京都に住んでた頃、会社の近くの中華屋さんで、食べたカレーチャーハンは旨かった。今まで食べたカレーチャーハンの中で一番、美味しかったと思う。ちなみに、その中華屋さんにはカレーちゃんぽんってのもあって、そちらも凄く旨かった。後から思うに、多分、使ってたカレー粉が私の好みにマッチしてたんだろうなと思う。ただ、私の周りみんなカレーチャーハンとカレーちゃんぽんは美味しいと言ってたので、誰が食べても美味しかった事には違い無い。普通の中華料理は、印象に残って無いのだけど・・・。
 
     
ちなみに大阪らーめん?ってことで、大阪・生野のコリアンタウンから直送のキムチが食べ放題。当然、これを先にに食べてしまうとラーメンとかの味が判らなくなるので、途中から食べたのだが、その頃にはラーメンのスープは醤油辛くなってるし、カレーチャーハンは辛いだけだし、キムチは美味しいけど、やっぱり辛いし・・・。途中から、一体何を食べてるのか、自分でも良く判らん状態に・・・。何かこの組合せ自体に大きな問題がありそうな気がしたのだった。(カレーチャーハンを選択したのは私のミスかも。)
 
てなことで、初めての大阪盛らーめん・・・、だったが、イマイチ、明確な狙いが読めなかった。と言うか、「繁盛丸」は普通に「たこ焼き」にしてしまった方が大阪っぽくて良かったんじゃ無いの? 
広告

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。