義史のB型ワールド

2007年6月4日

来来亭、加古川に二店目。私は結構好きなラーメン。

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 11:17 PM
 
代理人記録
 
2003年の12月明石ラーメン波止場がオープンしたのと同じ日に、加古川サザンプラザ内に「ラーメン来来亭」がオープンした事は意外と知られていない。「来来亭」と言えば、当時、滋賀県で一番人気があるお店として、関西のラーメンファンの間で話題になっていたお店だ。私も、あの日、昼間は明石ラーメン波止場で2杯のラーメンを食べた後、夜には「来来亭・加古川サザンプラザ店」に行って3杯目のラーメンを食べたのであった。
 
そんな「来来亭」の加古川2店目となる東加古川店が先日オープンしたと言うので、ちょっと行ってみた。
確か昨年辺りに大久保にも「来来亭」はオープンしていたと思う。播州代表の二国ラーメンとか、希望軒が潰れて行くなか、今、播州地方では一番勢力があるラーメンチェーン店と言っても過言は無いだろう。個人的にも「来来亭」のラーメンは好きで、サザンプラザ店には何度も通っている。その内、このブログでも紹介する事になるが、「来来亭」のカップラーメンも今年復活して、既に買い置きしてあるのであった。
 
来来亭の大きな特徴は、麺の堅さから醤油ダレの濃さ、背脂やネギの量などが細かく指定出来ることだ。
何時もの如く、麺堅め(来来亭は極細麺なので)、背脂多め、醤油薄め、他は普通で注文。
 
ちなみにメニュー表は、サザンプラザ加古川店と全く同じ。チェーン店全て同じメニューならば、もうちょっと綺麗なメニューにすると印象が違うのだけど・・・(特に「ばり馬」みたいにメニューが綺麗で派手だとそれだけで印象が良いもんね。)
 
箸立てにさり気無く、「来来亭」のこだわりが書いてある。やっぱ、「来来亭」と言えば、背脂が命でしょうね。
 
こちらが「来来亭」東加古川店のラーメン。麺堅めで頼んだのだが、それでもヤワヤワだったのはオープン間も無い混雑時だから仕方無いのかな?醤油ダレ薄めで頼んだら、ホンマに薄かった。サザンプラザ店は普通で頼むと醤油辛いので、何時も薄めで頼むのだが、東加古川店とは基準がちょっと違うようだ。今度は普通で頼んでみよう。背脂は何時ものように多目。同じ背脂多めで食べる「希望軒の塩ラーメン」と味が似てるけど、やっぱ来来亭の方が一味も二味も旨いかな。モヤシとかメンマとか余計な物が入って無いのも以外と良いのかも。
 
途中からはこちらも定番の一味唐辛子を加えて、ピリ辛度をアップして食べました。これも結構好きです。
 
帰り際、オープン記念で三角スピードくじのプレゼントがあった。一回目引いたら「アイスクリームの天ぷら無料券」だった。店員さんが、これは嫌でしょ?もう一回引き直して下さいと言うので、再度引いたらまた「アイスクリームの天ぷら無料券」だった。さらに引き直しても「アイスクリームの天ぷら無料券」だった・・・。業を煮やしたか、店員さんが自ら引くと「生ビール無料券」だった。てなことで、次回行くと「生ビールが無料」で飲める。って、車で行かれへんやん!まあ、東加古川は私の自転車移動のテレトリーなので、無問題だけど・・・。

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。