義史のB型ワールド

2007年5月18日

こちらは東播では一番美味しいと言われてるうどん屋。

Filed under: 麺類と粉もん — 代理人 @ 10:00 PM
 
代理人記録
 
先日、播磨町にあるそば料理の「いなみ」に行ったのだが、我が一族の中に、未だ「うどんのいなみ」にも行った事が無いと言う者が沢山いたので、改めて「うどんのいなみ」に行って来た。
 
お店に行ったのは午後7時前だったのだが、この日はGWの最中と言うこともあって、店内は満席。ただ運良く、我々が店に入ると同時に団体さんがお帰りになり、タイミング良く席に着く事が出来た。しかしその後からも続々と客はやって来ていた。相変わらずの超人気は全く衰えていないようだった。
 
こちらが「いなみうどん」のメニュー。他にも丼物などメニューは豊富。沢山の客に沢山のメニュー、ようこなせるなあ、と思うけど、従業員もかなり多いから大丈夫なんだろうなあ。個人経営の店であれだけ働いている人が多いうどん屋さんて、そう数多く無いと思う。
 
で、やっぱ初めて来た人にオススメなのが「いなみうどん」の名物でもある「ころ」。「ころ」って何?って言う方の為に、上のような説明書きがある。そう言えば、私も初めてこの店に来た時は「ころ」を食べたっけ。
 
そう言えば、今まで「ころ」や「天ころ」は食べた事があったのだが、「上天ころ」は食べた事が無いなあ・・・、とふと思い、今回は「上天ころ」を注文。「天ころ」との違いは天ぷらの数が増えただけ(しかも魚の天ぷらとか・・・)だったので、普通に「天ころ」でも良かったかなと・・・。
 
で、お味。今回は温かい出汁の天ころにしたが、相変わらず、うどんも出汁も美味しいです。何より、天ぷらが揚げたてで、GW中に御津岬のホテルで食べたランチの天ぷらより、こっちの方が美味しかったと思ったのだった。
 
てな感じで久々の「いなみうどん」だったが、相変わらず美味しいし、人気も全然衰えていないようだった。まあGW期間中ってこともあって、遠方からの客も多かったようで、その前に行った「そばのいなみ」の方も凄く流行ってるようだったけど・・・。

WordPress.com Blog.