義史のB型ワールド

2007年4月16日

和歌山中華そばシリーズ12、和歌山ラーメンの元祖?

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 8:12 PM
 
代理人記録
 
和歌山で沢山のラーメンを食べたけど、井出系のライバル的存在でもある「丸高」中華そばにはまだ行って無かった。正確には、「丸高」の三宮店に和歌山の帰りに行ったけど、やはり本家で食べないと「丸高」に行った事にはならない。てなことで、ホテルへ帰って来てからわざわざ出掛けて行ったのだった。
 
和歌山に一ヶ月以上居たが、JR和歌山駅方面の繁華街へ行くのは初めて。何と無く辺りの雰囲気はイカガワシイ兄ちゃんタップリで良く無い。和歌山の新地らしいのだが、大阪のような明るさや活気が無くて何と無く暗ーい、雰囲気。当然の如く、呼び込みの声が沢山掛かったのだが、一切無視して向かうは丸高中華そば一本!
 
丸高は結構人気店で、実は支店やらパチモンの店やらが、あちこちにある。この店は「本家アロチ丸高中華そば」と言われ、丸高の元祖、あるいは和歌山中華そばの元祖的な存在でもある。ちなみにアロチとは新内と書いてアロチと読む・・・、と言う話があるのだが、真偽の程は知らない・・・。
 
で、こちらが「本家アロチ丸高の中華そば」。見た目からして如何にも和歌山中華そばと言う感じがする。
味はやや甘めだったかな。三宮店よりこちらの方が美味しいような気がした。井出商店よりもこちらの方が私好みかも。時間帯やら場所柄もあるのだろうが、客層も地元民がお酒を飲んだ後に来ていると言う感じで、本当に地元に愛されているお店なのだろう。
 
てなことで、和歌山の中華そばの有名処はとりあえずは制覇したかな。でもやっぱ播州ラーメンの方が好きだ
広告

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。