義史のB型ワールド

2007年1月15日

USJ-CITYのたこ焼きミュージアムでたこ焼き食べた。

Filed under: 正真正銘B級グルメ — 代理人 @ 9:46 PM
 
代理人記録
 
和歌山旅行からの帰り、下の甥っ子がバイトしているUSJに寄った。甥っ子はその日、バイトじゃ無かったので単にUSJを外から見学するだけだったのだが・・・。で、折角なので目の前にあるユニバーサル・シティウォークで只今開催中の大阪たこ焼きミュージアムに寄ってみた。
 
大阪で有名なたこ焼き店、5店ほどが出店している。大阪たこ焼き発祥の店と言われる「会津屋」、あちこちに支店を見かけるようになった「くくる」、若者の集まるアメリカ村で人気の「甲賀流」等、それなりに有名処が揃っている。
道頓堀にある「大だこ」、「赤鬼」とか、TVのCMでお馴染みの「たこ昌」が無いの寂しい気もするけど、どの店も味的には大した事が無いから個人的にはどうでもエエかな。
 
で、「会津屋」と「くくる」は、難波・道頓堀店等で、ちょくちょく食べた事があったので、他のから選ぶ事にして、まずはどっちの料理ショーで紹介されたと言う看板に釣られて「十八番」と言う店に入ってみることに。
 
私が大阪に住んで居た頃はソース味では無く醤油味のたこ焼きが流行っていたが、今は何もつけない(これも醤油味の派生とも言える。あるいは、元祖たこ焼き・会津屋風?)のが流行ってる。てなことで、まずは何も付けずにそのまま食べるしょうゆ味たこ焼きを食べてみた。ソース味で育った私にはやっぱり何かが物足りない・・・。
 
続いて定番のソースたこ焼き。夜店の屋台で食べるような至ってシンプルなお味。まあ、普通かな。
 
一軒だけでは寂しいので、以前から気になっていた「甲賀流」のたこ焼きを食べてみる事に。
 
この店には、今時の若者向けに紙コップ?に入った持ち運び便利なたこ焼きも売っているのだが、やはり定番のたこ焼きを注文。この店のたこ焼きにはソースと共に最初からマヨネーズもかかっていて、このマヨネーズの味が結構美味しいし、派手な味付けなので、たこ焼き全体も美味しい印象。味の要でもある蛸の味自体も上の「十八番」より味があるような気がした。まあ最終的にはマヨネーズのインパクト!って感じがしないでも無いが、個人的にはこちらの方が好みだったかな。
 
てな感じで、たこ焼きは曽根の祭り以来食べたが、明石焼きで育った播州人である私には、やっぱたこ焼きより明石焼きの方が美味しいかな。でも最近、美味しい明石焼き屋さんに出会って無いのだが・・・。
広告

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。