義史のB型ワールド

2006年12月6日

本家さぬきや・・・、うどん屋のような、で無いような。

Filed under: 麺類と粉もん — 代理人 @ 10:30 PM
 
代理人記録
 
加古川2国沿いにあった「和食れすとらん・ボンズ」が閉店して、その後に「本家さぬきや」と言うお店がオープンした。名前から本格的な讃岐うどんのお店?と思ったけど、新聞折込チラシによると、うどん以外のメニューが豊富だ。どうやら、うどん屋の看板を挙げた、ファミリーレストラン風な印象だ。
 
ちなみに「本家さぬきや」は池田交差点南にある「あかね湯」の中にもお店があるようだが、行った事が無いので様子は判りません。ちなみに、高砂にあった手打ちうどんで人気のお店の名が「さぬき」か「さぬきや」だった。閉店してしまったけど・・・。
 
店内はこんな感じで綺麗(新規オープンだから辺り前か)し広い。でも何と無く居酒屋風なのはボンズの影響?
 
こちらは私が食べた「鍋焼きうどん」。見た目、あんまり美味しそうに見えないですね。
麺はこの店自慢の玄(くろ)うどんで、ちょっと個性的な麺。でもお出汁がイマイチ、と言うか普通。
具は天ぷら、卵を筆頭に鍋焼き定番の具は大方入っていたけど、穴子が無かったのは残念。
まあ、鍋焼きうどんとしては50点レベルかな。
 
こちらは叔母が食べたにぎり寿司のセット。見た目は豪華だけど、味的んは回転寿司と大差無い。
まあ、うどん屋?で寿司だから、贅沢は言えないか。
 
こちらは義兄が食べた石焼ビビンバ。うーん、ここまで来ると一体、何屋さんか判らんぞ・・・。
 
石焼ビビンバのセットに付いていた、やまかけうどん?やっと、うどん屋らしい物が・・・。
 
実はメニューも写真に撮ったけど、このお店、うどん屋と言うより、和食ファミリーレストランと言えるぐらいメニューが豊富。確かステーキ何かもあったような。そして何よりも私の気を惹くためか、メニューには和歌山ラーメンまであった。ここまで来ると、高速道路のサービスエリアのレストハウスの様相。でもラーメンは一回食べてみたいかな。その前に、この店自慢らしい、カレーうどんを先に食べてみようっと。

WordPress.com Blog.