義史のB型ワールド

2006年11月3日

姫路にもオープンした揚げたて天婦羅のお店。でもまだ段取り悪そう!

Filed under: 麺類と粉もん — 代理人 @ 6:51 PM
 
代理人記録
 
先日、明姫幹線沿いにある「天婦羅定食の店まきの」に行った勢いを買って、今度は最近、姫路にオープンした同じようなスタイルのお店「天婦羅でん」に行って来た。
 
場所は姫路南ICを降りて市役所側へ向かって東に入ったとこ。ちょっと判り難い場所にある。
 
この店も揚げたての天婦羅を運び易いようにカウンターだけのお店になっている。
上の写真の向こうの方には何故か喫茶コーナーがあるらしい。(観てこなかったけど)
 
しかし天婦羅を揚げてる姿は、近所のおばさん達が集まって、まかないご飯でも作ってるような雰囲気だ。
明姫の店は、一応、天婦羅を揚げてるのは和食の板前さん風だったけど、ここは完全にパートのおばちゃん風。
 
注文したのは得々定食780円。値段も手頃でボリューム満点らしい。
先に運ばれて来たご飯は思いっきりてんこ盛りのご飯。しかもギューギュー詰まってる。
それに色は濃いが、凄くあっさりした薄味っぽい赤出汁。ご飯と赤出汁ははっきり言って駄目でした。
 
カウンター上にはカブラ?の漬物が置かれてて食べ放題。こいつも何故か薄味。ってちゃんと漬かって無いんちゃうん?
 
うんちくだけは一人前で、何か添加物を使って無いから衣はパリパリになりません!と言う事らしい。
へー、衣パリパリなのは添加物を使うからなのか。へー。ちなみに季節の一品は蟹の爪らしいのだが・・・。(10月中旬の話)
 
 
まず運ばれて来たのは海老とかぼちゃ。まあ、普通。どうって事無い。
 
 
次に運ばれて来たのは鶏のささ身。これが、馬鹿でかい。ボリューム満点は量では無く大きさだと言う事にこの時点で気が付く。嫌、てんこ盛りぎゅうぎゅうのご飯の時に、先に気付くべきだった。
 
 
続いてピーマンと茄子。何か、明姫沿いの店でも見たようなネタだなあ・・・。
 
ここまではテンポ良く運ばれて来てたが、この後、店が混んで来たせいもあって、若干のタイムラグが。
 
 
そしてまたもや馬鹿でかい、イカ。これも食べ応え満天だ。
 
 
最期は私の好きな蟹の脚。(爪って話もあったんだけど。)
この蟹の天婦羅が、これまた磯臭い。私の許容範囲を超えた磯臭さ、蟹臭さだった。
こんな蟹、長年食べた事無いぞ。思わず残そうかと思ったけど、貧乏性だし一応最期のネタだし・・
ってことで我慢して食べたけど、締めがこれだったから印象悪し!
 
 
確かに、どれだけのネタが出て来るのか、最初に把握して無いと、ご飯のペースが掴めない。
その為にご飯がてんこ盛りになっているのかな。
 
ちなみに天婦羅は運んで来てくれるのに、お茶、お水はセルフサービスになっている。
何でじゃあ!!!!
 
まだオープンしたてなので、まだ何もかもが安定してないような気がする。この店に行くのはもうちょっとして店員さんが慣れてから行った方が良いような気がする。
 
ちなみにメニューを撮影しようと思ってたのだが、帰り際、店長らしきおじさんが入り口までお見送りしてくれたので、写真を撮るタイミングは失ってしまったのでした。今度は豚天食べたい!

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.