義史のB型ワールド

2006年11月2日

今や大阪代表のお好み焼屋と言えば・・・。その店の焼きそばを再現したカップ麺!

Filed under: カップ麺とインスタント麺 — 代理人 @ 11:32 PM
 

代理人記録
 
大阪でお好み焼と言えば長年「千房」だった。学生時代、ラジオの深夜番組「ぬかるみの世界」のスポンサーだった事もあり、大阪に住むようになって直ぐに訪れたお店でもある。
 
しかしここ数年、大阪のお好み焼の代名詞になっているのは「鶴橋・風月」。私も4、5年前に大阪で食べて以来、結構ファンになっていたのだが、一昨年辺りにはマイカル明石にも支店が出来た。(私は既に明石店に2、3回行ったくらい風月ファンだったりもする。)
 
風月の名物は、焼きそばやモダン焼きに使う自家製麺。私好みの太麺で、これに風月オリジナルのソースが絡まって結構旨い。そんな風月の焼きそばを再現したのが、下のカップ焼きそばなのである。 
 
麺は生麺でソースは粉と液体の2つだったかな。
 
この生麺はラ王タイプの生麺なのでちょっと癖があるので好き嫌いあるかも知れないが、風月ってことでフライ麺は合わないだろう。
 
完成した風月カップ焼きそば。はっきり言ってUFOより旨いのは当然の如く、私の中では一番好きなカップ焼きそばなのであった。
 
ちなみにカップ版では無い、袋入りの生タイプの風月焼きそばも売っているのだが、その場合、具を自前で用意しなければならないのが手間でんな。
 
まあ、どっちにしてもお店で食べるのが一番美味しいのだけど。

WordPress.com Blog.