義史のB型ワールド

2006年8月23日

復活してラッキーな食堂?私は初めてだけど・・・。

Filed under: かつめし — 代理人 @ 12:14 AM
 
代理人記録
 
明姫幹線の安田交差点の角っこにパチンコ屋があった時から存在は知っていたけど、どう観てもパチンコに来た客を当て込んだ街の食堂にしか見えなかったので行った事が無かった。
 
しかし、パチンコ屋が無くなり、住宅展示場になってしまい、お店はどうなるのかな?と見守っていたらこの春頃お店が解体。遂に閉店!と思ったら8月の初旬にバッティングセンターの隣辺りに見事復活!それが今回のネタでもある、その名も「ラッキー食堂」なのであった。(いかにもパチンコ屋さん敷地内にあった事が判るネーミングだ。)
 
以前のお店には看板に大きく「かつめし、ラーメン」とあったので、地元の人には以前から結構人気があったらしい。と言うことで、今更ながら、初めてお店に行ってみた。
 
流石に新築されたお店は以前の印象とは違い、小奇麗な喫茶店風で店内もまだピカピカ状態だった。
 
まずはメニューに目をやると・・・。かつめしには特上と並、また豚かつめしにエビかつめしがある。
同行した甥っ子は私の奢りってこともあり、何のためらいも無く「牛かつめし特上」1200円を注文。
私は大してお腹も減ってなかったので定番?のラーメンを注文。
メニューを見ると+180円でミニ焼飯のセットになるらしい。
何と無くお得な気がしたのでセットにすることにした。
 
 
まずはラーメンが運ばれて来た。左は私の携帯で撮影。右は甥っ子の携帯で撮影。
私の方が自然色に近いのだが、写りの鮮やかさからか、甥っ子の写真の方が美味しそうに見える? 
 
スープのお味は・・・、懐かしの播州ラーメン、中華そばって感じ。
ただし麺は予想に反して中細麺。
「翁介」や今は亡き「いさちゃん」と比べるとやや今一歩って感じがしないでも無いが、
この手の中華そばが好きな人にはたまらんのかな?
 
こちらはセットのミニ炒飯。普通に美味しい炒飯でした。

 
 
 
そしてこちらは甥っ子が注文した牛かつめし特上。
こちらも予想に反してサイズは小さい印象。
 
写真ではかつの断面が見れないが、特上だからか、一切れ食べた印象としては、
肉は分厚くジューシーさもあり結構美味しい。
タレも甘すぎずしょっぱ過ぎず、バランスの取れた感じ。
 
この店で人気なのは、かつめしなのかラーメンなのか
定かでは無いが、印象としてはかつめしの方がお勧めかな。
 
今回、私はかつめしを一切れしか食べて無いのでまた次回、
あらためてかつめしを食べてみることにしよう。
 
 

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.