義史のB型ワールド

2006年8月13日

巣立ったつばめ一家が最期のご挨拶に帰って来た。

Filed under: さりげない我家の風景 — 代理人 @ 6:54 PM
代理人記録
 
代理人の向いの家には毎年、つばめがやって来て、卵を産んで子育てして巣立って行くのだが、今年も無事、3羽のつばめが巣立って行った。
 
子つばめが飛べるようになった後の数日の間は、昼間は何処かへ行ってしまうのだが、夜になると巣に帰って来て仲良く寝ている。それも1~2週間の間で、その後は何処かへ行ってしまう。
 
でも、何時も、大陸への横断?前には最期の挨拶をするかのように、突然、帰って来る日がある。
何時もはもっと上にある電線の上に止まっているのだが、今回は、お店の看板を固定する鉄線の上に仲良く止まっていた。
 
 
上の写真の下の方に見えるのが、子つばめ達が育った巣。数年前に作られた巣で、毎年流用されてる。
結構、つばめの巣って丈夫なのかな?
 
 
上から見たらこんな感じ。巣立ったのは3羽だったから、このうちの一羽は親鳥なのかな?
 
ただ、旅立つ最期にやって来る時は巣立った親子だけで無く、団体でやって来るので、本当のつばめの関係は良く判らない。巣立った子つばめが毎年帰って来てるのか。それを確かめるすべも無いし・・・。
広告

1件のコメント

  1. こんにちは、私はあなたのMSN空間を見る意見がなくて、少し知ることができるか?私は中国で、私の今の中国無錫、とてもうれしい認識のあなたのこの日本の友達、jialin521125@hotmail.com

    コメント by 林玄 — 2006年8月13日 @ 7:43 PM


RSS feed for comments on this post.

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。